前編】人間を測る新しいものさしの誕生

『データの見えざる手』(草思社)を読んで、"こんなに知的興奮を他に得た記憶がない"、そう驚きの声をもらしたコルク代表の佐渡島庸平さん。すぐに著者の矢野和男さんとコンタクトがとれ、インタビューが実現しました。ビッグデータという言葉が生まれる前から、ウエアラブルセンサによって、膨大な身体活動のデータ分析をしてきた矢野さん。身体運動の活発さから、驚きの新事実が次々にわかってきた過程についてじっくりお話を伺いました。前編は、ウエアラブルセンサによるデータ集取という分野に先鞭をつけたものの、鳴かず飛ばずの時代があったというお話からです。

事業整理により、ウエアラブル・ビッグデータ領域へ転身

佐渡島庸平(以下、佐渡島) 矢野さんの『データの見えざる手』を読んで、「これはすごい本だ!」と思って、すぐツイッターに感想を書いたんですよね。いやあ、こんなに知的に興奮できる本は久しぶりでした。

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則
『データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』

『データの見えざる手』という本はすごい。こんなに知的興奮を他に得た記憶がない。マンガHONZのレビューアーの角野さんに紹介してもらった。おととい買った時はアマゾンのレビューがゼロだったけど、今日すでに5つ星が3つもついている。
※編集注:9月現在5つ星8つ

矢野和男(以下、矢野) ありがとうございます。感想ツイートにリプライをさせていただいたことがきっかけで、この対談が実現しました。

佐渡島 本の内容の話に入る前に、矢野さんのご経歴をうかがってもいいですか?

矢野 はい。私はもともと物性物理学 の研究をしていて、1984年に日立製作所の研究所に入ってからは半導体の研究をしていました。でも、2004年に日立が半導体の研究から手を引くことになり、自分たちも別の研究テーマを見つけないといけない状況になりました。

※ 物性物理学:物質のさまざまな性質を研究する物理学の分野。18世紀に発展した熱力学から発展し、現在では量子力学や統計力学を理論的基盤としている

佐渡島 それは大きな変化ですね。

矢野 その当時の華々しい研究テーマは、もうほかでも研究が進められている。我々はもうちょっと先を見据えたテーマを見つけないと居場所がないぞと。そして議論を重ねるなかで、これからはデータが重要になり、そのデータを収集するいろいろなセンサがどんどん小型化するだろうと予想しました。PCやケータイに搭載されるだけでなく、身につけられるところまでいくんじゃないかという話になったんです。2004年ころですかね、ウエアラブル技術とデータ収集・活用という方向性が決まりました。
 そこから鳴かず飛ばずの時代が7年くらいありまして(笑)。いつまでこんなことやってるんだって、各所に詰められていましたね。

佐渡島 そうだったんですね。

矢野 ビッグデータという言葉が出てくるまでは、こんな研究絶対お金にならないと思われていました。しかも、最初はウエアラブルといっても、プロトタイプとしてつくったのが、電池パックがどーんとついていて、導火線みたいに線もむき出しのデバイスで(笑)。空港のセキュリティを通ろうとしたら「これはなんだ」って止められるような代物でした。

佐渡島 小型爆弾みたいな外見だったんですね(笑)。そこから、いまのスタイリッシュなデバイスに進化したと。

矢野 しかも最初は方向性も違っていて、腕につけていることで役立つ機能を実現しようとしていたんです。でも「席に戻ったらそのことが自動的に秘書に伝わる」とか、どうにもつまらないアイデアしか出てこない(笑)。この方向性でブレストしても埒が明かないということになり、24時間続けて生活を記録するという、データ収集をメインにしてみたらどうかという議論が出てきた。
 そこで、自分が実験台になって、2006年の3月16日からリストバンド型のウエアラブルセンサをつけ始めました。そこから8年、24時間、365日、ずっと左手の動きを計測しています。お風呂に入る時と水泳するときにははずしますけど、それ以外はずっとです。

佐渡島 僕はこれまで、人間を理解するには文学的な方向からアプローチするのが近いと考えていました。むしろ、それしか方法はないと思っていた。でもこの本を読んで、科学的なアプローチがむしろ人間理解を可能にし始めてるんだと気づきました。それは、すごい転換ですよね。まさに、この本の第3章に書いてある「温度計」のエピソードのようです。温度計が初めて登場したとき、当時の科学者たちは温度計が何を計測しているのかわからなかった、という話がおもしろいと思いました。

矢野 自分たちの感覚とは異なっていたからですよね。我々は、気温が30度のときは暑いと感じられるけれど、お湯が30度だったらぬるいと感じる。「熱さ・暑さ」という感覚は多様なものなんです。でも、温度計では同じ「30度」と表示される。当時の人々にとっては、なにか複雑なものを測っているように感じられたといいます。でも、実は複雑でわかりにくいのは人間の感覚の方だった。

佐渡島 温度計というものが登場することで、「温度」という概念がだんだん浸透していったんですね。

矢野 アルコールなどの物質の熱膨張を利用して、体積の膨張を測って表したのが「温度計」です。これは客観的でわかりやすい温度の「ものさし」なんだ、ということが徐々に認識されだしたのが300年前のことでした。

佐渡島 そしていま、人間の行動や感覚に関する新たな「ものさし」ができようとしているんですね。

膨大なデータから、人間の行動を測る新しい「ものさし」が生まれる

佐渡島 温度計の場合は、アルコールの熱膨張から温度がわかった。人間の場合は何から何がわかるんですか?

矢野 いろいろあるのですが、この本でメインに取り扱っているのは、人間の身体運動の活発さから、時間の過ごし方、集中度、幸福感、積極性などが測れるということです。

佐渡島 アルコールは水に比べて熱膨張率が大きいですよね。だから、温度計は、アルコールを使うことで水ではわからなかった変化を読み取ることができるようになった。人間行動の場合は、ウエアラブルセンサでデータを膨大に収集できようになったから、変化が見つけられるようになったということなのでしょうか。

矢野 そういう見方もできると思います。24時間データをとり続けられるということもそうですし、ウエアラブルセンサの感度も大きく進歩しました。どのぐらい感度が高いかといいますと、例えば、パソコンのハードディスクって、起動しているときかすかに振動していますよね。このウエアラブルセンサはパソコンにくっつけるとその振動の回数を全部カウントできるくらい感度が高いんです。

佐渡島 腕の動きといっても、上下に振った回数をカウントしているとか、そういうレベルではないということですね。

矢野 そうですね。1秒間に20回程度、腕のほんのわずかな動きを加速度センサでとらえています。このセンサによれば、歩く時というのはだいたい1分間に約240回振動(1秒間平均4回)していることがわかりました。メールを作成しているときは、1分間に約96回(1秒間平均1.6回)ですね。ここまで細かくとると、これまでわからなかったことが見えてきます。行動をほぼすべて定量化することができるようになってきた。

佐渡島 加速度センサということは、縦・横・奥行きの三軸でどの向きに動かしているかも記録しているんですか?

矢野 はい、そうですね。重力加速度のGがどちらに傾いているかを検出できます。どういう姿勢をとっていたのか、ということもわかりますよ。

佐渡島 じゃあ、体のどこかが悪くなる兆候なども見つけられるかもしれませんね。

矢野 研究所の別のセクションでは、そういう研究も進められています。

佐渡島 矢野さんが今日、首から下げているのもウエアラブルセンサですよね?


矢野 はい。この名札型のウエアラブルセンサには、このデバイスをつけている人同士の面会を検出する、赤外線センサが埋め込まれています。また、体の揺れの向きを検出するための加速度センサ、周囲の音量・温度・照度を感知するセンサも搭載されています。これは、時刻データと一緒に記録され、サーバに転送されて蓄積されます。

佐渡島 じゃあもし僕がいま同じセンサをつけていたら、僕との位置や体の向きなども記録されるわけですね。

矢野 そうです。そのデータから、その人が会話にどれくらい積極的だったかとか、あるいは会話がお互いキャッチボールになっていたかということも読み取れますよ。

佐渡島 僕もつけさせてもらって、取材の最後に計測結果を検証したらおもしろかったですね。本当に矢野さんの話をわかって聞いていたのか、すべてバレてしまったかも(笑)。

矢野 さすがに、話の理解度まではわからないです(笑)。でもこのセンサで身体運動の量を測ったら、人は対面して話しているときに、「どれくらい体が動くか」ということと、「積極的に問題解決しているか」という質問紙の回答結果が、極めて強く相関していることがわかりました。

佐渡島 そういうデータの知識を持った上でまわりを見渡すと、「この人は体がよく動く人だから、問題解決にも積極的だろうな」など、見方が変わりそうですね。

矢野 自然にそういう基準で見るようにはなったかもしれません。例えば自分がプレゼンをするときなども、聴衆の体の動きに注目するようになりました。

佐渡島 問題意識を持ってデータを見つめなおすと、まだまだわかってくることがありそうですね。


次回「人間はエネルギー保存則から逃れられない!」は、9/19(金)更新予定

聞き手:佐渡島庸平 構成:崎谷実穂


世界を変えつつある新たなサイエンスの登場を、世界の第一人者が自ら綴る!

データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則
『データの見えざる手: ウエアラブルセンサが明かす人間・組織・社会の法則』

この連載について

人間の行動を支配する隠れた法則とは—『データの見えざる手』矢野和男インタビュー

矢野和男

『データの見えざる手』(草思社)を読んで、"こんなに知的興奮を他に得た記憶がない"、そう驚きの声をもらしたコルク代表の佐渡島庸平さん。すぐに著者の矢野和男さんとコンタクトがとれ、インタビューが実現しました。ビッグデータという言葉が生ま...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

uminekozawa あす取材させていただくので、あらためて読んでいたけどおもしろいなあ、、、 約2年前 replyretweetfavorite

kagetuki40 私はこれをどうしても許容する事が出来ない。 2年以上前 replyretweetfavorite

tokyocat → http://t.co/jKjcrXPfgH(アマゾン書籍情報) だいぶ前に読んだこの記事がきっかけ(https://t.co/Pnp8L4MeUT) 2年以上前 replyretweetfavorite

uminekozawa 「のえざる」とあわせてこれも。 2年以上前 replyretweetfavorite