chapter2-5 野生の王国へ

街コンの雰囲気に慣れてきた僕は、女の子とも話せるようになり、楽しめるようになってきたのだが……。

「これまでは、ビーチの脇にあるホテルのプールで泳いでいただけなんだよ。本当の大海原に漕ぎ出して行くぞ。お前はきっと、あのまま街コンの二次会に行かなくて良かった、と思うはずだ」

「これから何をはじめるんですか?」

「ストナンをしながら、銀座のナンパバーに行く」

「ストナンって、ストリートナンパですよね? 道で声をかけるんですか!?」

「そうだ」と永沢さんがあっさりと言った。僕と永沢さんは、八重洲のインド料理屋から銀座のそのバーまで歩いて行くことになった。ナンパしながら、だ。そんなことが、この僕にできるのだろうか? 僕は、早くも緊張してきた。


「何か、ここまでで直すところはありますか?」

 歩きながら、また、永沢さんに教えを請うた。

「ふたつある。ひとつは簡単な技術的な問題。もうひとつは根が深いマインドの問題だ」

「ひとつ目の技術的な問題とはなんでしょうか?」

「LINE IDを交換するときは、いつも簡単なメッセージをその場で送れ。職業と名前、相手に関する一言、それから簡単なメッセージ」

「具体的には、どんなメッセージを送ればいいんですか?」

「さっきの歯科衛生士の理恵の場合は、[弁理士のわたなべです。理恵さんは歯医者で働いてるんだよね? 今日は会えて嬉しかった。これから帰るところだよ。]とこんな感じだ。本当は、LINE IDを交換するとき、その場で送っておくのがいいんだが、せっかくだからいま送ってみろ」

「はい、わかりました」

 僕は永沢さんの言った通りのメッセージを、そっくりそのまま送った。

「街コンのようなイベントだと、女は1日に10人以上の男と連絡先を交換することになる。だから、相手の女に自分のことを覚えておいてもらうために、すぐにメッセージを送っておくことは重要なんだ。さらに、これがメモ代わりになるから、こっちも相手のプロファイルを思い出すのに、とても役に立つってわけだ。今日みたいに1日に50人に声をかけようなんて日には、なおさらだ」

「なるほど、わかりました」

 僕はすぐに他の子たちにもメッセージを送る。

[弁理士のわたなべです。由佳さんとまたビール飲みたいな。]

 ふたり組の両方から連絡先をゲットできた場合、似たようなメッセージをふたりとも送っていいのか、という疑問が浮かんだ。

「たとえば、由佳と恵子の場合のように、ふたりは友だち同士なんですが、両方にメッセージを送ってもいいんですか?」

「それはケースバイケースだ」と永沢さんがこたえる。「シチュエーションによるし、メッセージの内容にもよる。軽い挨拶みたいな感じなら、ふたりに送ってもいい。まあ、今回は『数撃ちゃ当たる』でがんばるんだから、とにかく全員に送っておけよ」

 僕は永沢さんの指示に従い、[弁理士のわたなべです。今日はいっしょに飲めて楽しかったです。これから帰るところだよ。]という全く同じメッセージを、デザイナーの恵子、ショップ店員の理香子、事務の真由美に送った。[弁理士のわたなべです。真希さんとは回生ブレーキの話ができて楽しかったです。これから帰るところです。]と、一番かわいかった自動車ディーラー受付の真希さんには長めのメッセージを送っておいた。

「上出来だ」と永沢さんが褒めてくれた。「返信が来るのを祈ろう」

「はい、祈ります。もうひとつのマインドの問題というのは何ですか? こっちは深刻なんですよね」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ぼくは愛を証明しようと思う。

藤沢数希

恋人に捨てられ、気になる女性には見向きもされず、非モテな人生をおくる主人公のわたなべ。ある日、恋愛工学と出会い、彼の人生は大きく動き出す……。 ファイナンス、経済学、エネルギー政策に関する著作をもち、リスク・マネジ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Fujisawa_bot 釣り堀から自然の海へ。渡辺くんの大冒険の続きがキニナル!> 約3年前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot 街コンの雰囲気に慣れてきた僕は、女の子とも話せるようになり、楽しめるようになってきたのだが……。 約3年前 replyretweetfavorite

Fujisawa_bot 街コンの雰囲気に慣れてきた僕は、女の子とも話せるようになり、楽しめるようになってきたのだが……。 約3年前 replyretweetfavorite

marathonjapan 展開が早くてオモロイな。 約3年前 replyretweetfavorite