第2回】JPL内でのプチ失業

世界で唯一、太陽系の全ての惑星に探査機を送り込んだ機関があります。それは、NASAのJPL(ジェット推進研究所)という組織。そんな宇宙探査の歴史を切り拓いたともいえるJPLで働く技術者・小野雅裕さんが目指すものとはーー。『宇宙兄弟』スピンオフエッセイ。このエッセイを読むと『宇宙兄弟』の世界がより身近に感じられて、より楽しめます!(イラスト:ちく和ぶこんぶ)

朝7時。携帯電話の目覚ましの爽やかなメロディーが無遠慮に鳴る。ぼんやりと目を開けると、ワンルームの部屋の絨毯の上に散乱した衣類や書類が見える。絵に描いたような単身赴任の男の部屋である。しぶしぶ起き上がり、フトンをたたむ。日本から持ってきたニトリのフトンだ。アメリカに計8年住んでも習慣は抜けない。未だに寝るのはフトンだし、靴は玄関で脱ぐし、朝食はごはんと味噌汁である。

窓のシェードを開ける。もう10月だというのに、今日も夏のように晴れている。ロサンゼルスの空は年がら年中快晴だ。五月晴れとか秋晴れとか、そんな情緒などない。とにかく毎日、何も考えずに晴れている。引っ越してすぐの頃は毎日爽やかに晴れているのが気持ちよかった。しかし、それから5ヶ月経ったこの頃になると、さすがにうんざりするようになった。

もうひとつ、この頃に心境の変化があった。あんなに夢見たNASAジェット推進研究所(JPL)なのに、出勤する時に気が重くなったのである。

理由ははっきりしていた。数日前に受けたあるひとつの「宣告」のせいだった。JPLへの転職以来5ヶ月間、一生懸命に取り組んできたプロジェクトがあった。将来の火星ローバー(無人探査車)ミッションの安全性解析のプロジェクトだった。僕は自分の仕事に自信を持っていた。だからこそ、プロジェクトマネージャーからこう告げられた時のショックは大きかった。

「悪いが君にはこのプロジェクトから外れてもらう」と。

これは日本企業でいう配置換えではない。次にどのプロジェクトに入るか、誰も面倒をみてくれないのだ。ならば仕事が減っていいではないか、と思われるかもしれないが、そうはいかない。プロジェクトに入っていないと、給料が払われないのだ。

どういうことか。JPLはプロジェクト・ベースの職場である。日々の仕事は「部」「課」といった部署ごとではなく、プロジェクトごとに行われる。それぞれのプロジェクトには決められた期間と予算があり、メンバーは様々な部署の人材からなる混成メンバーであることが多い。

一人の職員はたいてい複数のプロジェクトに携わっている。そして、職員の給料は、費やした時間に応じて、プロジェクトの予算から支払われる。たとえば僕がある週に三つのプロジェクトに50%, 30%, 20%の割合で時間を使ったとしよう。すると僕のその週の給料は、この割合でそれぞれのプロジェクトの予算から支払われるのだ。

『宇宙兄弟』の読者のみなさんは、宇宙飛行士に選ばれても自動的にミッションに任命されることがないのをご存知だろう。同じように、JPLに正規雇用された職員でも、自動的にプロジェクトへ配属されることはないのだ。だから、職場内で「就職活動」をしなくてはいけない。完全に自己責任である。そして、どこのプロジェクトからも雇ってもらえない職員は給料をフルにもらえず、辞めるしかなくなるのである。「窓際族」は存在し得ないのだ。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

コルク

この連載について

初回を読む
宇宙人生—NASAで働く日本人技術者の挑戦

小野雅裕 /小山宙哉

世界で唯一、太陽系の全ての惑星に探査機を送り込んだ機関があります。それは、NASAのJPL(ジェット推進研究所)という組織。そんな宇宙探査の歴史を切り拓いたともいえるJPLで働く技術者・小野雅裕さんが目指すものとはーー。『宇宙兄弟』ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

TakasumiM 続きめっちゃ気になる!> 4年弱前 replyretweetfavorite