楽しい毎日のつくりかた

蚊を寄せ付けない3つの対策、刺されたかゆみを抑える3つの対処法

「毎日をより良く、より楽しく過ごすためのワザ=ライフハック」を紹介するメディア、ライフハッカー[日本版]の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をまとめてお届けしている本連載。今回は「蚊」をテーマに取り上げます。

こんにちは、ライフハッカー[日本版]編集部です。前回の記事では「仕事が捗る時間管理術」をお届けしました。仕事をすっきり片付けるために、モチベーションの維持や、仕事の生産性を上げるための仕組みや工夫をいくつか取り上げました。「やるべきこと」、あるいは「やらないこと」を決めるのが大事ですよ。

さて、今回は「蚊の対策」についてまとめます。蚊といえば夏のイメージですが、残暑が落ち着いた今でも飛び回っているのが見られます。また、最近発覚した「デング熱」の感染が蚊に刺されたことによるものというニュースも、私たちを驚かせたばかり。「蚊取り線香を使う」や「虫さされ薬を使う」以外にも、さまざまな方法があるので紹介します。

蚊を寄せ付けないようにする3つの対策

アルコール摂取で蚊が寄ってきやすくなる

近年の研究によると、1杯のお酒で蚊があなたに寄ってきやすくなることが判明しています。アメリカ蚊防除協会では、人間を被験者にし、アルコールの摂取によって蚊に噛まれる確率が増加するかどうか研究しました。この研究では、1杯のビールで寄ってくる蚊の数が圧倒的に増えたため、蚊はほろ酔いの人間を好むということがわかりました。

蚊がなぜ酒を飲んだ人を好むのかはよくわかっていませんが、 飲酒により引き起こされる現象、例えば運動や体温の上昇など、体内から大量の二酸化炭素を放出することが蚊を寄せ付ける原因となっているといわれています。

蚊を寄せ付けない効果的な方法は「扇風機」

米国蚊対策協会によれば、「蚊の飛翔は弱々しいため、大きな扇風機が活躍するであろう」とのこと。 また『ニューヨーク・タイムズ』は、「メスの蚊(人間を刺す)を惹きつける人間の香りを、扇風機の微風が消散させる」と報告しています。ミシガン州立大学のある昆虫学者は、扇風機による風が蚊を大幅に減少させることを発見し、ペットを保護するために裏庭で扇風機を使用するようにすすめています。

シャボン玉を飛ばすだけで蚊除けになるらしい

ブログ「DIY Life」に載っていた蚊除け方法の一つですが、シャボン玉を飛ばすと蚊除けになるのだとか。単なる虫除けスプレーを使うよりも、楽しくてファンタジックな方法ですね。石けん成分の入ったもので蚊が除けられるそうなので、石けん水をシュッと吹きかけてもいいでしょう。 石けん水にレモングラスやペパーミントなどのエッセンシャルオイルを足すと、より強力な虫除けになります。

蚊に刺された時のかゆみを抑える3つの対処法
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ライフハッカー[日本版]

この連載について

初回を読む
楽しい毎日のつくりかた

ライフハッカー[日本版]編集部

生活術や仕事術など「ライフハック」に関する情報を日々お届けしているブログメディア「ライフハッカー[日本版]」の記事より、仕事や暮らしに役立つ情報をテーマごとにまとめて紹介していきます。(隔週土曜日更新) ライフハッカー[日本版]

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuichigrut アルコール摂取が、一番蚊に狙われやすいのはホント。俺のおやじは呑んだくれだったけど、夏になるといつも一番に刺されまくってたからねw https://t.co/tbhUSs1a1Q 4年弱前 replyretweetfavorite

kiq “かゆみの原因はこのタンパク質ですが、温めたスプーン程度の温度でも、このタンパク質を十分に破壊できるそうです。” 4年弱前 replyretweetfavorite

wanwan023  もはや封じ込めはできてないので、なるべく刺されないようにするしかありません。罹患しても重症化率は比較的低いので、落ち着いて病院へ。 4年弱前 replyretweetfavorite