ナタリーへの意志が定まった、あるお葬式の晩のこと。

「ナタリーを世の中に認められるメディアにする」。ナターシャ取締役の唐木さんには、そう固く誓った瞬間があるそうです。それはナタリーの社員もあまり知らない、忌野清志郎さんの告別式で起こった、ある事件がきっかけとなっていました。ナタリーは、どうしてアーティストとユーザーに愛されるメディアに育ったのか。その根底を支える考え方について唐木さんが語ります。三回に渡ってお届けしたインタビュー、最終回です。(聞き手:加藤貞顕 構成:崎谷実穂

「おじさんどいて」事件に涙した日

唐木元(以下、唐木) うちの社員にはあまり話したことないんですけど、タクヤ(大山卓也・ナタリー編集長)と僕が、この仕事に本当にまじめに打ち込むんだって確認しあったというか、気合を入れた瞬間があります。それは、忌野清志郎さんのお葬式の晩のことです。

— 何か、あったんですか?

唐木 清志郎さんの告別式のとき、タクヤは事務所の方とお付き合いがあったので、記者としてちゃんと入れていただけたんです。けど、事前申請なく駆けつけたカメラマンは、会場を整理していた人にマスコミ以外はカメラゾーンはダメですって言われて、入れてもらえなかったんですよ。つまり、そのときの僕らはまだ、メディアとは見なされていなかったということです。

— 忌野清志郎さんが亡くなったのは2009年、ナタリーが始まって2年くらいのころですか。

唐木 そうですね。入れてもらえなかったのは単純に僕らが力不足だったからで、しょうがないと思っています。やっぱり世間でマスコミっていえば新聞、テレビ、雑誌のことで、ネットメディアなんてチラシの裏、って時代が長かったですし。ただその晩、ネットサーフィンしていたら、僕が「おじさんどいて」事件と呼んでいる出来事が目に飛び込んできたんですよ。

— えっ、それはなんですか?

唐木 出棺の前に遺族や親しい方々が棺の周りに集っていて、チャボ(仲井戸麗市)さんも棺に寄り添っていたそうです。それでいよいよ出棺だってとき、チャボさんが、清志郎愛用のギターを、参列者やカメラのいるほうに高く掲げてみせた。そうしたら、どこかのメディアのカメラマンが、「そこのおじさんどいて! 見えないよ!」みたいなことを言ったらしいんです。

— うわ、それは……。

唐木 具体的になんて言ったかまでは知りませんけどね。でも、うちのカメラマンが行っていたら、絶対そんなことは言わなかったし、なんなら止められたかもしれない。なのに、RCサクセションのギタリストだった、一生の盟友だった仲井戸麗市のことすら知らないカメラマンが、清志郎さんの葬式を撮影して、あまつさえそんな心ない言葉を投げつけるなんて……悔しくてしょうがないですよ。

— そうですよね……。

唐木 しかも、会場に入っていたタクヤが帰ってきて言うには、まわりの新聞記者とかが「あのヘルメット何?」とか話してたんだそうです。それ聞いてたらもうね、ほんと頭にきちゃって。

— うわ、つらいですね。

唐木 タイマーズ(※1)も知らないで、清志郎の葬式の取材に来ているって……。いや、もちろん、対象のことを愛している人しか取材をしちゃいけないなんてことはないですよ。奥さんと有名芸能人の資料を渡されて、テレビ向きの使える絵を抜いてくるのが仕事だというのも、わかる。でも最低限のリスペクトや下調べみたいのもないまま葬式に来て、どんな記事を書いて、どんな写真を撮るんだと。僕はね、「そこのおじさんどいて」って言われたチャボさんがどんな気持ちだったか考えたらもう、悔しくて悔しくて、その日、非常階段で泣いたんです。話してたら今も泣けてくる。
※1 忌野清志郎に“よく似た”ボーカル&ギター・ゼリーが率いるバンド。メンバー全員が土木作業用のヘルメットをかぶっている

— 泣けるって、自分に対してという気持ちもありますよね。

唐木 そう、自分らの不甲斐なさにも。そのときですよね、ナタリーを、取材現場で名刺を出せば迎え入れてもらえるような、ちゃんと世の中でメディアとして認められる存在にするんだ、そのために会社として立ち行かせなきゃいけないんだって心に決めたのは。まあ、タクヤも僕も、野暮なことはいやなので、わざわざ口に出したりはしません。でも、ふたりとも、はっきりと自覚したのはその瞬間だと思います。

— 僕はいまメディアをやっている身でもあるので、そのくやしい気持ちはすごくわかります。すごい話ですね。これ、書いてもいいんですか?

唐木 いいですよ。最近まで心の中にとどめておいた話なんで、僕も、ずっと誰かに話したかったんだと思います。

媒体力は、部数とプレミアム度のかけ合わせ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
コミックナタリー編集長・唐木元インタビュー

唐木元

音楽、コミック、お笑いといったポップカルチャー好きにとって、なくてはならないサイト「ナタリー」。その運営会社で取締役を務める唐木元さんは、フリーランスの制作業務、出版社での雑誌編集を経てナタリーに参画し、コミックナタリー、おやつナタリ...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

tuktukcafe 今さらながら初めて知った。清志郎の告別式で起こったこと。https://t.co/fc7U4wXvss 僕はあの日、4万人の弔問客の一人として2時間並び、南青山4丁目まで進んだところで諦めたので、ナタリーの告別式レポートには本当に感謝し、タクヤくんにお礼のメールを送ったのだった。 1年以上前 replyretweetfavorite

ForzaYuto ”ファッション誌の仕事をしていたときの先輩に「媒体力というのは、部数とプレミアム度のかけ算なんだ」と教えられたことがあります。” 2年弱前 replyretweetfavorite

valuefp 凄い話。。。 3年弱前 replyretweetfavorite

fujimin71 キヨシローの昔のインタビュー記事ないか探してたら、去年好きだった話が出てきてなつかしい 約3年前 replyretweetfavorite