最終話 壁の向こうに

病棟から抜け出した蘭堂ナイルに追いついたモリー。ナイルは「男とはなんだ?」という問いをモリーにもう一度投げかけます。ナイルの言葉をとおして男の実態を知ったモリーがたどり着いた答えとは? 山田玲司さんの「モテない女は罪である」、いよいよ最終回です!

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテない女は罪である

山田玲司

あなたは、いつまで愛されないという“罰”を受け続けるのか? 『絶望に効くクスリ』『アリエネ』『非属の才能』の山田玲司が、原点回帰して“モテ”……しかも“女のモテ!”についての絶対理論を語る、新連載マンガ。モテないのは、男に見る目がない...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

PastaBoiler 山田玲司さんってこういう恋愛の本質語らせたらやっぱり天才だなぁ 4年弱前 replyretweetfavorite

marathonjapan いやー、最高に面白かったです。連載お疲れ様でした。 4年以上前 replyretweetfavorite

hakumei おおう、もう完結。早かった。着地点もよくて、とても面白かった。ベタのむらはなんとかしてほしかったところです。 / 4年以上前 replyretweetfavorite

sakutashiryou 【思春期反抗期の現場に捧ぐ的な】 がむしゃらで一生懸命な姿に惹かれて何となくほっとけない。そう思えなければ相手からも思われないのだな。 4年以上前 replyretweetfavorite