金沢の満腹満足夏休み2014、前編

夏休みに友人8人で金沢を訪れたSumally代表・山本憲資さん。というわけで2週にわたって金沢のグルメをご紹介します。まず入ったのは金沢の鮨の名店「みつ川」が手がけたカジュアルなお鮨屋。お手頃価格で北陸の海の幸を堪能できます。他にも、おでん、ラーメンと、山本さんならではの金沢グルメをめぐります。

金沢に来たらかならず食べるこの魚

お盆休みをとった8月の週末に、2泊3日で金沢を遠足した。仲良しの仲間と8人で「菊乃や」という町家を一棟借りきって滞在。浅野川のほとりの主計町、古い町家の並びの一角。情緒のある空間だが、キッチンや水回りはモダンにリノベーションされており、快適な滞在となった。来年、北陸新幹線が開通し東京から直行で行けるようになると混雑するんだろうなぁ。天候にはあまり恵まれなかったが、猛暑の中街を歩くのよりはよかったかもとも思う。

8人のうち5人は、金曜日の仕事を早く切り上げ前入り。宿にチェックインしてまず向かったのは、金沢の台所「近江町市場」の中に、金沢の有名な鮨屋「みつ川」が出店した「歴々」というお店。みつ川よりカジュアルな位置付けで駅前と市場に出店されたらしい。ちなみに本店のみつ川は僕らの宿から川を渡ってすぐ、ひがし茶屋町で店を構えている。ちょっと前に移転したばかり。歴々はコースで1800円・3000円とお値段もカジュアルで、みつ川のテイストが楽しめる。金沢の老舗酒蔵「福光屋」に、オリジナルで作ってもらっているという店名そのままの「歴々」という日本酒も美味で印象的だった。〆に食べたみつ川名物・のどぐろの巻物も。初めて金沢にきたのは7~8年前だと思うが、そのころから積極的に鮨を食べていた僕は、金沢といえばのどぐろというイメージを強く僕は持っている。最近は東京でもちらりほらり見かけるようになってきたが。

2軒目はラーメンに行こうと思っていたが、目当ての店が昼に売りすぎて夜は10分で閉店しまったという信じられない展開。携帯でちょこまかとお店をチェックして、近江町市場からそう遠くないおでん居酒屋「ゑびす」へ。創業50年近い老舗、やたらめったらアイシャドウの濃いおかみが名物のお店である。L字型のカウンターですでにお店は賑わっており、席もぎりぎり。まず、ウーロンハイを注文し、ちくわ、牛すじとおでんなどもお願いする。失礼な言い方をすれば、大して期待せずに入ったのだが、これがどれも旨い。名物という焼き豚もつまみとしてこのうえない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません