媚びる女が嫌いな男」が狙い目【第4回】

これまで1万人以上の女性の相談に乗ってきた企業経営者・川崎貴子さんと、cakes連載「ワイングラスのむこう側」の林伸次さんの対談はついに最終回。最後のテーマは、じゃあどうすれば恋愛ができるのか? 恋愛や結婚の悩みを抱える女子が今すぐに使える、超実践的結婚相手の見つけ方を川崎さんが伝授します!(構成:崎谷実穂

ブラジル人は体で、日本人は文字で恋愛する

林伸次(以下、林) 僕は、都内のブラジル人ばかり働いているブラジリアンレストランで2年間働いていて、そのあと2ヶ月、ブラジルに住んでいたんです。そこで思ったのが、ブラジルって草食系男子がいないんだな、ということ。

川崎貴子(以下、川崎) ブラジル人の草食系男子って、イメージできませんね(笑)。

 いわゆるガリ勉っぽいタイプの男の人でも、ちゃんと女性に声をかけるんですよね。女性もみんな、セクシーであることを隠さないんです。基本的に女性は魅力的な存在であって、男性は積極的にアプローチするものと決まっています。そして、恋愛の駆け引きもすごく上手。すぐ「おれ、運命の女性に出会った。恋に落ちちゃったんだ!」みたいなことを言っては、大騒ぎして、振られて、また人を好きになってと、とにかく恋愛体質なんです。

川崎 ふふ、楽しそうですね。

 日本人ってそういうの、慣れてないですよね。

川崎 はい、根本的に向いていないと思いますよ。

 なのに、日本でも小説や映画は「恋愛最高!」という価値観がベースにあるラブストーリーがヒットします。そのせいで、「燃えるような恋をしなきゃ、それが人生の醍醐味だ」って思い込んでいる人が多いんじゃないかと思うんです。日本人に恋愛は向いていないと認めて、恋愛至上主義から抜けだしたほうがいいんじゃないでしょうか。

川崎 日本人に合うロマンチックとは何なのか、ということは考えたほうがいいかもしれませんね。それはきっと、ラテン系の人たちの恋愛とは違うはず。ブラジルの人たちのエロスって、バーンとオープンで明るいですよね。一方の日本人は、ビキニと和服の違いというか、ひっそり楽しむ隠微な感じが合ってると思うんですよ。

 うん、うん。

川崎 だから、SNSってけっこう日本人の恋愛向きですよね。

 ああー! そうかもしれない。

川崎 「この人の言葉選びがステキだな」とか「この写真、センスあるわ」とか「このコメント、心遣いが感じられる」と、面と向かわずにじわじわ探りあえる感じ。

 たしかに、ブラジルってFacebookあんまり流行ってないらしいんですよ。

川崎 お国柄が出ていておもしろいですね。私いま、娘と百人一首を覚えてるんですけど、歌の中身がものすごく陰湿なんですよ(笑)。坊主から天皇まで、みんな女々しく恋心を詠ってる。内容的には現代のJ-POPで歌ってることとあまり変わらないと思います。月を見上げて、「会いたくて会いたくて震えて」るんです(笑)。

 たしかに変わらないですね。僕も、いまの妻を口説くために、毎日ラブレターを渡してたんですよ。

川崎 すてき!

 妻は、別にそれでほだされたんじゃないって言いますけどね(笑)。たしかに日本人はSNSとかメールの文字でやりとりするのがいいかもしれない。

川崎 よく、女性を褒めたり、エスコートしたりするといいって言いますけど、あれって欧米人の文化ですよね。もちろん、そういうのが悪魔的にうまい日本人男性もいますよ。でもそういう人は例外なのでさておき、一般的な日本人は無理なんじゃないかなと。だから、文字のやりとりはいいと思います。

 うまく会話できない人でも、メールはできるって人も多いでしょうね。考える時間があるから。

川崎 私の友達の女性社長は、現実ではどうしても出会いがなくて、mixiで出会った人と結婚しましたよ。やっぱり社長となると、社員と付き合うわけにもいかないし、経営者仲間はみんな結婚してるしで、出会いがないんですよね。mixiで本の感想をやりとりしたときに考え方がすてきだな、と思って惹かれたんだそうです。そういうの、いいですよね。

 でもなあ、僕に「いい人いないですか?」って聞いてくる、35歳くらいのバリバリのキャリア女子って、けっこう海外経験も豊富だったりするんですよね。そういう女性は日本人のその感じ、物足りなく思うのかもしれない。

川崎 呼吸をするのと同じくらい自然に、「今日もすてきだね!」と言える外国人男性と付き合ったことがある女性は、そうかもしれませんね。

「媚びる女が嫌いな男」は狙い目
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
女のプロ」川崎貴子×bar bossa林伸次 対談

川崎貴子 /林伸次

女性に特化した人材コンサルティング会社の代表を務め、これまでプライベートを含め1万人を超える女性の人生相談に乗ってきた川崎貴子さん。そんな川崎さんと、cakesの人気連載「ワングラスのむこう側」の著者・林伸次さんの特別対談を行いました...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takako_kawasaki こちらも懐かしい記事です! https://t.co/TwIzHKNgVU 5ヶ月前 replyretweetfavorite

cyx_222 これだあああああ!! 2年弱前 replyretweetfavorite

takako_kawasaki cakes 続きの第4回。 https://t.co/K8mxFUJR11 約2年前 replyretweetfavorite

kayoopii 確かに。 言葉のセンスがある人にも惹かれるけど、ストレートでエスコートできる人にも惹かれるなぁ。 https://t.co/NTNSuEFtNh 2年以上前 replyretweetfavorite