心のベストテン

新時代を築く女性ボーカリストたち[#3 SUMMER 2014]

「女の子たちがラップしているグループがおもしろい」「ヒップホップがど真ん中だし、しかも最先端」「ネクストブレイクが確実視されている21歳」ってな具合に今回は、水曜日のカンパネラ、Charisma.com、Drop's、そしてPorter Robinsonなどなど、今大注目の女性ヒップホップから新人女性ロックバンド、さらに海外へと渡ったボーカロイドの最先端をご紹介します。
芸人、DJとして活躍されているダイノジ・大谷ノブ彦さんと、音楽ジャーナリストの柴那典(しば・とものり)さんの響きあうナビゲーションをお楽しみください。

ヒップホップ最高!

日本が本場、憧れの的になる。

イラスト:長尾謙一郎


大谷ノブ彦の4曲目→水曜日のカンパネラ「ミツコ」


「ミツコ」水曜日のカンパネラ
2014/06/24UP 14,709play(2014/09)

大谷ノブ彦(以下、大谷) 前回までとはちょっと毛色が違うんですけど、最近、いわゆる女の子たちがラップしているグループがおもしろいんですよ。なかでも僕がオススメしたいのは「水曜日のカンパネラ」ですね。

柴那典(以下、柴) いいですよね。今、女の子のヒップホップがおもしろい。

大谷 特に、この水曜日のカンパネラとカリスマドットコムが、何か新しい光景を見せてくれるような気がしてるんですよね。

 僕、実は最近アンダーグラウンドのヒップホップシーンのことはいまいち現場感がわからなくなっているんですけど。どうなんでしょう?

大谷 日本のヒップホップって、長らくポップスのシーンに出てきていないんですよね。コミュニティの外に出なくていい、みたいな空気感がどこかにある。だからチャートの中に入ってこない。それが風通し悪い気がしてたんですよ。
 で、男のほうは、それこそANARCHYが『NEW YANKEE』というアルバムでメジャーデビューしたみたいに、ヤンキーのイメージでいくしかないのかな、って思っていたんです。


『NEW YANKEE』ANARCHY

大谷 そんなときに、彼女たちは全く違う角度から、とても知的なやり方でポップスをやろうとしている。最新型の、新世代のラッパーが出てきた感じがしますね。

柴那典の5曲目→Charisma.com「イイナヅケブルー」
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
心のベストテン

大谷ノブ彦 /柴那典

「音楽についてパァッと明るく語りたい! なぜなら、いい音楽であふれているから!」。ハートのランキングを急上昇しているナンバーについて、熱く語らう音楽放談が始まりました。 DJは、音楽を愛し音楽に救われてきた芸人、ダイノジ・大谷ノブ...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

wash203 この並びアツい。  4年弱前 replyretweetfavorite

ese19731107 柴「カリスマドットコムが新しいのは『OL』と『毒』という回路を持ってきたこと」大谷「オアシズの大久保さんだ!」→ 4年弱前 replyretweetfavorite

basketbal1125 2件のコメント http://t.co/TSUlkCfTef 4年弱前 replyretweetfavorite

basketbal1125 2件のコメント http://t.co/TSUlkCfTef 4年弱前 replyretweetfavorite