​集団的に自衛しているTOKIO

ジャニーズのグループとして初めて出演した夏フェスが評判になり、先日放送された日本テレビの24時間テレビでもマラソンランナーを務めた城島茂のゴール直後の視聴率がなんと41.9%と、この夏の話題をさらったTOKIO。SMAPなどの他のジャニーズのグループに比べ、どこか地味な印象があったTOKIOですが、この躍進にはどんな意味があるのか。武田砂鉄さんが分析します!

「ゴスペラーズの中で誰が好き?」に答えるということ

「ゴスペラーズの中で誰が好き?」と聞けば大抵の女性は口ごもる。あのメインのサングラスの左にいる普通っぽい人かな、なんて答えを辛うじて聞き出しても、あのサングラスの人がメインってわけじゃないんだよ、と返す事になり、そしたらもう共有できる事なんてなくなるのである。たった5人か6人くらいいるだけで、誰が好きかを難なく議論できる状態が、どれほど贅沢であるかということを「ゴスペラーズからは選べない」は教えてくれる。ついつい、アイドルグループの「選り取りみどり」に目を慣らしていると、この前提のありがたみを忘れてしまうものだ。

「好きな人を選び続けてください」を維持するためのメンテナンス

とはいえアイドルの生命線は「この中からどうぞお好きな人を選んでください」をいかに保ち続けるかだから、AKBにしてもその前例にあたるモー娘。にしても、組織を膨張させ、その上で人事異動を行い、血行促進を図るという手をとることになる。しかし、「辞めます!」「移籍します!」「入ります!」という手段を乱発して、その衝撃を連結させているだけでは、いずれ「!」の効力は弱まり尻つぼみとなって、萎れてしまう。「じゃんけん」したり、「大人」を入れたり、「バイト」を入れたり手を尽くすわけだが、それは「好きな人を選んでください」を維持するためのメンテナンスにすぎない。味に飽きたらゆず胡椒を入れてみてください、少し風味が増してまた新たに楽しめますよ、という料理のように。

動かぬチームにメンテナンスを加え続けるジャニーズのタフさ
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

yuragikko 以前の記事だが、いわゆるマクラ(前置き)にゴスが引用されている。世間一般(とみなされている)認識ってやはりそうなのか 集団的に自衛しているTOKIO|ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) https://t.co/A5vONzTFjR 2年以上前 replyretweetfavorite

hidemusic 集団的に自衛しているTOKIO|ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄 @takedasatetsu |cakes(ケイクス) 文章うまいなぁ(笑)。 https://t.co/2UsJo07q46 約4年前 replyretweetfavorite

ttmnr なるほどなあ - 約4年前 replyretweetfavorite

Ohhhhh2 おーもしろいなあ。武田砂鉄氏。いつも笑ってしまう。これも笑ったなーhttps://t.co/kCuRdTww6I 約4年前 replyretweetfavorite