タモリ、人気絶頂の欽ちゃんの家に押しかける

タモリの足跡をたどる「タモリの地図」、今回はタモリと欽ちゃんこと萩本欽一の関係に迫ります。今年1月に欽ちゃんが出した小林信彦との対談本で初めて明かされた、デビュー間もないころのタモリとの出会い。終了直前の「笑っていいとも!」に欽ちゃんが出演した際にも披露していたこのエピソードを、近藤正高さんが分析します!

終戦直後に生まれ古希を迎えた稀代の司会者の半生と、 敗戦から70年が経過した日本。
双方を重ね合わせることで、 あらためて戦後ニッポンの歩みを 検証・考察した、新感覚現代史!
まったくあたらしいタモリ本! タモリとは「日本の戦後」そのものだった!

タモリと戦後ニッポン(講談社現代新書)

32歳の地図—芸人と文化人のはざまで 3

タモリが欽ちゃんの家にやって来た

2014年1月に、タレントの萩本欽一と作家の小林信彦による対談集『ふたりの笑タイム』が刊行された。喜劇に造詣の深い小林にいまのうちに話を聞いておきたいと萩本のほうから企画されたという本書には、デビューまもない頃のタモリのエピソードも出てくる。ちょうど萩本宅の近所に住んでいたタモリは、ある日、唐突に家を訪ねてきたというのだ。

当時、萩本の家には「パジャマ党」という若手の放送作家集団が同居していた。このときも、ドアを叩く音がするので、作家の一人が玄関まで見に行ったのだが、あわてて奥に戻ってきて「げっ、玄関の前にタモリがいます!」と伝えたという。すぐに萩本が行ったところ、本当にタモリがいた。驚きながら「な~に、どしたの?」と訊くと、「いや~、近くに住んでるんで、面白そうだからピンポンしたの」との答え。そこで「あ、そう。じゃあ、そんなとこにいないで上がんなよ」と家に上げたのだとか。

このときのことについては、2014年2月14日に『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」のコーナーへ萩本が最初にして最後の出演をしたときにも話題にのぼった。ただしその内容は、前掲書での萩本の発言と微妙に食い違っていた。タモリによれば、パジャマ党の一人であった大岩賞介に「近所に住んでるから一度遊びにおいで」と言われて訪ねて行ったのだが、まさか萩本がそこにいるとは思わなかったという。

萩本も萩本で、タモリを家に上げるつもりはなかったと放送では話していた。しかしタモリはさっさと部屋に入ってきたらしい。しかたがないので萩本は「あっ、よく来てくれたねえ」と迎えたものの、内心では「まずいの来たな」と思っていたという。ちょうど番組の台本をみんなでつくっている最中だったのだ。

小林信彦との対談では、このときタモリは3時間以上笑わせっぱなしで、萩本も作家たちもいっぺんに彼のことが大好きになってしまったと語っている。本当はもっとその場にいてほしかったのだが、それでは仕事にならないと、「いま、来週の台本をつくってるんだよ」と帰ってもらったのだとか。

これが『いいとも!』出演時の萩本の話では、タモリは3時間どころか朝までずっと一人でしゃべり続けたということになっていた。彼が帰ったあとも、作家たちは「タモさんっておかしいね。あれがタモさんなんだ」と感心することしきりで、それに萩本は機嫌を損ね「あれからタモリが嫌いになったんだ」と、冗談めかして明かしていた。

一方、『ふたりの笑タイム』では、萩本のタモリに対する印象が次のように語られている。

またタモリさん、人懐っこいし、しゃべりがおもしろいし、人を惹きつけるのが抜群にうまいの。うちの作家連中はまだ若かったし、浅草で古い修業してきたぼくとは違うスマートなタモリさんのほうに、ス~っと寄っていく感じでしたよ。

むしろこちらのほうが本音だろう。対談ではその後、「冗談ぽくスルッと入ってきて」延々と笑いをとり続けたタモリを、萩本は「もうシャレとしては最高!」と褒めちぎっている。

それにしても、当時人気の絶頂にあった萩本欽一の家へ、それとは知らずに行ったにせよ、物怖じすることなく何時間にもわたり自分の芸を披露してみせたタモリにあらためて驚かされる。とはいえ、タモリにしてみれば、自分の芸を先輩タレントに見てもらうつもりなどさらさらなくて、単純に面白そうな場所を見つけたので、顔を出してみたぐらいの気持ちだったのだろう。それは、デビュー前に福岡のホテルでの山下洋輔のグループの打ち上げに闖入したときから変わりはない。

萩本欽一、テレビバラエティに革命を起こす
この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載がついに書籍化!「森田一義」はいかにして「タモリ」になったのか。関係者への追加取材や大幅加筆でその足跡をさらに浮き彫りにします!

この連載について

初回を読む
タモリの地図—森田一義と歩く戦後史

近藤正高

2014年3月31日、『笑っていいとも!』が32年間の歴史に幕を下ろしました。約32年間、毎日テレビに出続け今や国民的タレントになったタモリ。そんな「昼の顔」だけでなく、アングラ芸で身を起こし、深夜番組『タモリ倶楽部』で披露する「夜の...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

matomotei 1件のコメント http://t.co/pW3gKbJ4Mg 4年弱前 replyretweetfavorite

matomotei 1件のコメント http://t.co/pW3gKbJ4Mg 4年弱前 replyretweetfavorite

donkou ケイクス連載、更新されてます。今回は「 4年弱前 replyretweetfavorite

die_kuma このエピソードすげー面白いのに、今年欽ちゃん自ら明かすまで全く知られていなかった。やっぱりタブー的なものがあったのかなあ。 4年弱前 replyretweetfavorite