五木田智央「TOMOO GOKITA THE GREAT CIRCUS」—ゆらぐ世界をのぞきみる

顔のない肖像画、ハート型の頭部をもった女性……。この世界で見覚えのあるもののようで、異世界の事物たちを描き出しているような不気味さを持つのが、五木田智央の絵画です。今回ご紹介するのは、千葉県にあるDIC川村記念美術館で開催中の、「TOMOO GOKITA THE GREAT CIRCUS」。まるで異世界を描いたような作品の数々を見ているうちに、夢のなかに入り込むような錯覚を得られるはずです。

千葉県佐倉市の郊外に来ています。立派な樹木が並ぶ林を抜けて、畔に草花が咲き誇る池を見ながら進むと、かわいらしさ漂う建物が。「DIC川村記念美術館」です。ここで五木田智央の個展「TOMOO GOKITA THE GREAT CIRCUS」がはじまりました。

館内に入るとまずは、常設展をひと通り見られるかたちになっています。個展を観に来たのに……、などと焦ることはありませんよ。というのも、常設の充実ぶりは目を見張るものがあるからです。モネ、シャガール、ピカソ、そしてレンブラントの肖像画。巨匠の作品が続々と出てきて、一枚ずつに足を留めてしまいます。

抽象絵画のマーク・ロスコは、専用の鑑賞室が設けられていますし、箱型のインスタレーション作品で知られるジョゼフ・コーネルも何点か並んでいて魅力的。独自の青色で作品を塗り込めるイブ・クラインの作品も小さいながら存在感を発揮します。

ずっと進んで、ようやく五木田智央の展示室へと至ります。五木田はイラストレーションを雑誌メディアなどに発表する活動が目立つアーティストですが、同時に大型作品にも取り組み続けてきました。美術館では初の個展となる今回は、キャリアの全貌をたっぷり見られる機会になっています。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません