カイジ「どん底からはいあがる」生き方の話 【第7回】他人に貢献することこそが、自分の存在意義

経済が飽和状態の中で「目指すべき上」を見失った今、私たちが生きる指針とすべきことは何か。自由競争の中で「がんばれば夢は叶う」と言われつづけてきた私たちが、夢が叶わないことに気づいたとき、どうやって生きていけばいいのか・・・・・・カイジによって示された「人生を変える道」をベースに「自分の足で立ち、人生を切り開く」ヒントをご紹介します。

漫画『賭博黙示録 カイジ』とは?

自堕落な日々を過ごす主人公、伊藤開司(いとう・かいじ)。そのカイジが多額の借金を抱えたことをきっかけに「帝愛グループ」をはじめとする黒幕との戦いに挑んでいく大人気漫画。命がけのギャンブルを通じて、勝負師としての才能を発揮するカイジだが、その運命は果たして・・・。

(作者:福本伸行講談社『週刊ヤングマガジン』で1996年11月号~1999年36号まで連載された作品)

「好きなことをして生きる」という考えの落とし穴

好きなことだけをして生きる---それが理想の生き方・働き方だと思っている人は多いかもしれません。ぼくも、基本的にはその考えに賛成です。どうせやるなら好きなことをして、それでお金を稼いだほうがいい。いくら給料がよくても、嫌な仕事をしつづけて人生を終えるのは嫌です。

でも、好きなことだけをして生きたいと願っている人たちに、以前からぼくは少しだけ違和感を覚えています。

以前、「働き方」をテーマにした講演に来てくださった方からこんなことを言われたことがあります。

「木暮さんは好きなことができていいですね、うらやましいです」

また、サラリーマン時代の同僚と飲みに行ったときに、こんなことを言われました。

「お前はうまくやったよな、ずるいよ」

たしかにぼくは、2009年に「これからは本を書いて生きていこう」と決心して、会社を辞めました。独立してからは、毎年5冊程度のペースで本を書いてその印税で生活をしています。最近では、本をきっかけとして、テレビにコメンテーターとして出演したり、社員研修や講演の依頼もいただくようになりました。

サラリーマン時代と比べると、生活はガラリと変わりました。たしかに、ぼくは、文章を書くことが好きなので、今の方が好きな仕事をしています。また、朝が苦手なので、「(その気になれば)いつまででも寝ていられる生活」は理想的と言えるかもしれません。でも、人から「うらやましい」とか「ずるい」と言われると不思議な気持ちがするのです。

なぜならぼくは、好きなことを仕事にして、好きなように生きてはいますが、決して楽なことをしているわけではいないからです。

いまは、土日祝日関係なく仕事があります。空いた時間には原稿を書いたり、講演の準備をしたり、次のビジネスの企画をしたりしています。"労働時間"は、サラリーマン時代の2倍ぐらいになっている感覚があります。

また、万一、風邪をひいてしまったら、代わりがいません。インフルエンザなど、もってのほかです。講演の予定が入っている日にインフルエンザにかかったら、などと想像するとぞっとします。

そのため、サラリーマンのころよりもずっと食べ物や睡眠に気を使い、全体的にものすごく緊張感のある生活をしています。要するに、ぜんぜん"楽"ではないということです。

カイジ「勝つべくして勝つ!」働き方の話』では、福本伸行先生の"快"と"楽"の定義について書きました。簡単に言うと、こういうことです。

人生の喜びには、"快"と"楽"がある。努力して、必死にがんばって成功し、達成感を味わった時の喜びが"快"。家で横になって、ビールを飲みながらナイターを見るのが"楽"。

"楽"を追求していると、やがてはお金がなくなります。また、ずっと堕落した生活を送っていると、それはそれで飽きてきます。"楽"を続けることはできません。人生の喜びを得るには"快"を目指すしかないというのが、ぼくの結論です。

ただ、"快"には努力が伴います。苦痛も伴います。好きなことをして生きていくといっても、すべてが思い通りに行くわけではありません。どんな時も笑っていられるわけではありません。失敗して悔しい思いをしたり、挫折することもあります。

それらを含めての「好きなことをして生きる」なのです。決して、のほほんと気楽に生きられるわけではありません。

ぼくがお伝えしたいのは、「好きなことをして生きる」なんて意味がない、そんなことは目指さない方がいい、ということではありません。むしろ逆で、すべての人に目指してほしいと思っています。

ただ、その生活が決してユートピアではないということは知らなければいけません。好きなことをして生きるための"準備段階"で苦しいことがあるのではありません。好きなことをして生きているまさにその時にも、常に苦しいことはあるということを、ぜひ知ってください。

そして、それを知った上で、ぜひ好きなことをして生きてほしいと思っています。

出会いは人生を変えるかもしれない

一時的なお金を得ても、何も変わりません。そのお金を得る方法に再現性がなければ、人生は変わりません。

お金に限らず、不動産や株などの資産を他人からもらったとしても、おそらくその資産を食いつぶして終わります。何かのきっかけで、たまたま世間の注目を浴びても「一発屋」で終わる可能性も十分あります。「再現性」がなければ、その効果は一時で終わるのです。

ただ、再現性がなくても、その後の人生を大きく変えることがあります。

「出会い」はその一つです。素晴らしい出会いにめぐり逢えば、それだけで人生が変わります。たった一人との出会いが、人生を大きく変えることもあるのです。

そう考えて、「人脈」をつくろうとする人がたくさんいます。「人脈」を作れば、ビジネスに限らず、自分がやりたいことがすぐに叶うと感じています。そして、人脈を作ろうと、いろんなところに顔を出しているのです。 しかし、そのような人は往々にして、人脈の意味を勘違いしています。

名刺を交換して、それで人脈を作ったつもりでいますね。ですが、冷静に考えてみてください。自分がもらった名刺を眺めても、ほとんどの場合、相手の顔すら思い出せないのではないでしょうか?

それは相手も同じ状態です。もしかしたら、二度目に会った時も、「はじめまして」といいながら名刺を交換するかもしれません。そんな名刺交換が人脈につながらないことは、想像すればすぐにわかるでしょう。

人脈がビジネスに有効だということはよく分かります。しかし一方で、名刺交換などの「人脈作り」が意味がないこともわかります。というより、そもそもそのような名刺交換では「人脈」はできません。

テレビ画面を通して有名人を知っていても意味がありませんね。その理由を考えると、「人脈」の定義がわかってきます。人脈とは、「自分が誰かを知っていること」ではないのです。

人脈をつくりたいと考えるのは、率直に言うと「その人が自分の役に立つから」です。自分にメリットがあるようなことをお願いできたり、自分に何かしてもらったりすることを期待しているわけです。

でも、自分がAさんを知っていても、Aさんは自分の「人脈」にはなりません。というのは、ただ知っているだけでは、Aさんには何も頼めず、Aさんに何かしてもらうこともできないからです。

人脈とは、自分がAさんを知っていることではなく、Aさんが自分を知っていること、自分に一目置き、自分と関わることにメリットを感じてくれていることです。こちらがお願いや質問、提案をした時に耳を傾けてくれる人のことを「人脈」といいます。そんな人が「人脈」になりえるのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

現代ビジネス

この連載について

初回を読む
木暮太一の「経済の仕組み」

木暮太一

10万部超のベストセラー『今まで一番やさしい経済の教科書』などのビジネス書で知られる著者が、なんとなく分かったつもりになっていた「経済の仕組み」を懇切丁寧に解説します。ビジネスパーソンの基礎力を高めたいなら必読です。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません