第2回】世界の富裕層マネーが日本株、不動産へ(プロローグⅡ)

「今後1年間で最も経済が成長すると考える国・地域」は、12年がブラジルだったが、13年は日本がいきなり前年下位からトップに躍り出た。  「今後保有したい金融商品」でも、前年比10ポイント上昇して、71.6%の回答があった日本株がトップとなった。REIT(不動産投資信託)など不動産の比率も大きく上昇した。世界の富裕層マネーが日本株、不動産へと流れる構図を証明したともいえる。

 昨年、日本の株式市場は世界的に見ても群を抜く上昇を見せた。

 日経平均株価は1年間で57%上がり、12月30日の大納会まで9日連続で上昇して、終値は1万6291円31銭。6年2カ月ぶりの高値をつけた。

 安倍晋三首相は「来年もアベノミクスは買いです」と投資家たちを煽った。日経平均の57%という上昇率は1972年以来の伸びだという。当時に時計の針を戻してみると、田中角栄首相が「日本列島改造論」を打ち出し、不動産市場を牽引していた──。

12月30日の大納会に出席し、「来年もアベノミクスは買いです」とさらなる投資を呼びかけた安倍晋三首相

 今の日本でも不動産市況が底を打ち、東京五輪の決定後回復スピードを加速させつつある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
日本に押し寄せる世界の富裕層マネー

週刊ダイヤモンド

米国、中国、欧州、シンガポール、香港、台湾、マレーシア……。世界中の富裕層マネーが日本に押し寄せている。彼らはこの日本でいったい何を買っているのか。日本人は長過ぎたデフレのせいで気づけていないだけなのかもしれない。実はこの島国にこそ宝...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません