第5回】「内向的な人間は孤独に陥りやすい」?

数多くのテレビ番組に引っ張りだこ、その姿を見ない日はないんじゃないかとさえ思える、新しき「視聴率男」、蛭子能収さん。小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきたと言います。友達だって少ないかもしれないけれど、それは別に悪いことでもないと思う、と。この連載では8月に発売された新書『ひとりぼっちを笑うな』から、エッセンスを抽出してお届けいたします。さあ、「蛭子流・内向的な人間のための幸福論」をお楽しみください。

幼少期からの孤独

 僕は幼少期から、孤独を感じるということがありませんでした。そもそも、孤独であることが、当たり前だったんですよね。実質的には母親とふたり暮らしのようなものだったから。いわゆる〝一家の団欒〟みたいな記憶が、ほとんどないんです。家族旅行の記憶もほとんどない。そのあたりは、一般のサラリーマン家庭と、ちょっと事情が違ったのかもしれませんね。

 僕の家には父親が作った〝やぐら〟—いまふうに言えば〝ベランダ〟みたいなものがあったんですよ。夜になったら、そこでひとり寝転がって、ずっと星を見ているような、そんな子どもでした。それは、他人から見れば、孤独な少年だったのかもしれない。でも、僕自身はちっとも寂しくなんてありませんでした。むしろ、そうやってひとりですごす時間をどうやって自由に楽しくすごすのか。日々、そのことばかりを考えていたように思います。

 これは大人になってから思うようになったことですが、孤独というのはある種の〝喪失感〟と深く関係しているのではないかな? 家族みんなで仲よく暮らしていたのに、突然両親が離婚して、家族がバラバラになってしまった。クラスに友だちがたくさんいたのに、ある日転校して、誰も知らない学校に通うことになってしまった。それらの状況で孤独を感じるというのは、僕でもよくわかります。かつて自分のまわりにいたりあったりしたものが、いまはもう存在しない。それはやっぱり寂しいことだから。

 でも、僕の場合に限っては、初めからそういうものが自分のまわりになかったんです。なかったからには、失いようもない。だから、それを〝孤独〟と指摘されても、僕にはピンとこないんです。

 ところで〝孤独〟というのは、そんなに悪いものなのでしょうか。「内向的な人間は、孤独に陥りやすい」—そんなふうに言われることがあります。その多くの場合、ネガティブなニュアンスを含みながら……。でも、本当にそうなのかな。僕は〝悪い孤独〟と同じくらい〝よい孤独〟というものも存在すると考えているんです。

ひとりだけどひとりでない空間  

 〝孤独〟という言葉で最初に思い出したのは、高校時代の美術部の光景です。

 僕は、高校で美術部に入りました。美術部といっても商業高校だったから、主にデザイン部門みたいな感じだったのですが、その時間が大好きだったんです。美術部には、もともと絵を描くのが好きな人たちが集まっていたし、部室には『デザイン』とか『アイデア』とかデザイン関係の雑誌が置いてあって、それを眺めているのも楽しかった。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ひとりぼっちを笑うな

蛭子能収

小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきた。友達だって少ないかもしれないけれど、別に悪いことでもないと思う。蛭子流・内向的な人間のための幸福論。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

obaq2000 我がシェアハウスも一人だけど一人じゃない空間だから居心地が良いんだろうな。 1年以上前 replyretweetfavorite

rage_30 ひとりぽっちな人は、ひとりぼっちなわけではない。メタ的に考えれば、孤独な人なんていないと最近思うんですよね。 3年以上前 replyretweetfavorite

oooxxcc 1件のコメント http://t.co/iTYXhjbMe1 3年以上前 replyretweetfavorite

oooxxcc 1件のコメント http://t.co/iTYXhjbMe1 3年以上前 replyretweetfavorite