第3回】僕が葬式に行かない理由

数多くのテレビ番組に引っ張りだこ、その姿を見ない日はないんじゃないかとさえ思える、新しき「視聴率男」、蛭子能収さん。小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきたと言います。友達だって少ないかもしれないけれど、それは別に悪いことでもないと思う、と。この連載では8月に発売された新書『ひとりぼっちを笑うな』から、エッセンスを抽出してお届けいたします。さあ、「蛭子流・内向的な人間のための幸福論」をお楽しみください。

葬式が〝喜劇〟に見えてしまう

 病気や老衰、交通事故などで誰かがお亡くなりになれば、よほどのことがない限り葬式が行われます。でも僕、ほとんど行かないんです。いや、まったくと言っていいほど、意識的に葬式には行かないようにしています。

 なぜなら、理由は単純で〝行きたくない〟から。一社会人として、ちょっと常識に欠けた行動なのかもしれないとは自覚をしていますよ。でも、どうしてもあの席には足を運びたくありません(あえてバカ正直に申告するならば、葬式もですが、結婚式にも興味がないのが僕)。でも実際のところ、葬式に積極的に行きたい人なんて、本当はいないんじゃないのかな? という見方をしています。

 もちろん、そんな僕にだってお亡くなりになって悲しい人はいます。でも、両手で数えるような数はいません。この人がこの世からいなくなって二度と会えない状況になったら、本当に悲しいだろうな……って思っている人は、正直なところ2、3人しかいないんじゃないかな。それは僕に限った話ではなく、みなさんも本音としてはそんな感じじゃないですか? というのが僕の本音です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
ひとりぼっちを笑うな

蛭子能収

小さな頃から「分相応」的なものに自分らしさを感じ、「他人に害を与えない」ことを一番大事に考えてきた。友達だって少ないかもしれないけれど、別に悪いことでもないと思う。蛭子流・内向的な人間のための幸福論。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

toby_net todeskingさん向けの話 3年以上前 replyretweetfavorite

imaima_c 人非人のようにいわれるこのエピソードだが、同調圧力に耐えられないというまじめな告白だった ⇒  3年以上前 replyretweetfavorite

cottoLtw “一生懸命みんなと同じようなフリをして、どうにか迎合しようとしている自分自身がものすごくおかしくなってしまうんです。” 3年以上前 replyretweetfavorite

OsamubinLaden 奥さんの葬式では号泣したんじゃなかったっけ  3年以上前 replyretweetfavorite