後編】何もしなくても母性が湧いてくるなんてことはない

立派すぎる母の理想像への抵抗から、思ってもみなかった性生活まで、母親の実像をありありと綴った常識破りの育児マンガ『ママだって、人間』が注目を集めています。著者は、デビュー作『母がしんどい』で毒母との戦いを描いて話題になったマンガ家の田房永子さん。恥ずかしすぎる葛藤をユーモラスに描く筆力の陰には、田房さんの鋭い洞察力とたくましい妄想力がありました。後編は、「理想の母親像」に押し込められてしまうのは、そして毒母が生まれてしまうのはどうしてなのかに迫ります。


『ママだって、人間』
田房 永子/河出書房新社 /3月14日発
あらすじ:あの超話題作『母がしんどい』で実母との戦いを描いた著者が、今度は一児の母になって、育児マンガの常識とタブーを破る! 「妊娠したら性欲は二の次」「陣痛は痛い」「育児は大変」「母乳が一番」……すごくよく聞くフレーズだけど、実際に妊婦&ママになってみると違和感だらけ! これって一体どういうこと? 32歳A型の新米ママ・エイコは今日もいちいち立ち止まる!

担当編集者の太鼓判!
大ヒットした前作『母がしんどい』のほんわかタッチとは一転、田房さんはあえて本作にこのハードボイルドな絵柄を選びました。それは、世間には「ママ」とひと括りにされてしまうお母さんの個性を、ちゃんと一人ずつ描き分けたかったから。抜群の画力のみならず、田房さん独自の観察眼と考察力あってこそ、妊娠出産育児の笑いと涙、絶望と希望、そしてなかったことにはできない「違和感」が1コマ1コマに溢れている本作。ママだって人間、なんて当たり前では? と思う人にも読んで欲しい大傑作です!(河出書房新社 松尾亜紀子)

漫画を描くことで、自由な気持ちにはなれたけれど

— 作品では、主人公のエイコさんが、社会に理想の「お母さん像」を押し付けられていることに気づいていきますね。田房さん自身もこういったことに気付くことで、「お母さん像」から自由になられたのでしょうか?

田房永子(以下、田房) いや、私も、実際には自由になれていないですよ。

— そうなんですか。

田房 ただ、こういった作品を書いて、共感してくれる方と話をする機会が増えたから、現実世界で「お母さん像」を押しつけられても、あまり気にならなくなりました。
 でも、社会的にはなにも変わっていません。やっぱり、社会の考える「お母さん像」にある程度合わせないと、お母さんをやることって、難しいと思うんですよね。

— 漫画で表現することで気持ちはラクになったけど、現実世界は変わっていない、と。

田房 こういった作品を書くことで、世の中を少しでも変えれたら、という気持ちではいるんです。

「お母さん像」の問題と、「毒母」問題はつながっている

— 今回取り上げさせていただいている『ママだって、人間』と、他の著作とは、どういった関係なのでしょう?

田房 私が今までに出した『母がしんどい』『ママだって、人間』『呪詛抜きダイエット』は、根本的には、社会に存在する同じ問題について描いているんですけれども。

— 三作ともつながっている、ということですか?

田房 そうですね。娘へのコントロールが行き過ぎる毒母※1をめぐる、自身の体験をコミックにした処女作『母がしんどい』を書いていたときは、私の家庭の中だけでの問題をテーマにしたつもりだったんです。でも、漫画を世に出したら、同じような家庭で育った人から多くの反響をいただいて、この問題は、個人や一家庭の問題じゃない、と気づきました。

※1 子どもに悪影響をおよぼしてしまう、機能不全家庭の母親のこと。アメリカの精神医学者、スーザン・フォワードが著した『毒になる親』から生まれた俗語「毒親」の派生語。

— なるほど、社会的な背景がある問題だ、と。

田房 そうです。その後自分が子どもを産んだとき、以前から書いていた「毒母」の問題と、自分が母親になったときの息苦しさがリンクしたんです。「こんな息苦しさを感じていたら、子どもによくない影響がいくわ」って。

— たしかに、『母がしんどい』では、主人公のエイコさんのお母さんが、「自分はいい母だし、いい母娘関係にある」、と主張しつづけますよね。まさに、社会が提示する「お母さん像」に、エイコさんのお母さんが押しつぶされていた、ということなんですね。

田房 そうなんですよ。「毒母」と呼ばれるお母さんたちは、理想の「お母さん像」を押し付けられる窮屈さから生まれてしまうんです。
 『母がしんどい』に共感してくれた人たちに話に聞くと、「毒母」たちに共通していたことは、やっぱり「世間体」をものすごく重視していた、ということでした。

— こういったお母さんは、具体的にはどういったことを子どもにしてしまうのでしょう?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

dmenu

この連載について

初回を読む
いまスゴイ一冊『ママだって、人間』田房永子

田房永子

立派すぎる母の理想像への抵抗から、思ってもみなかった性生活まで、母親の実像をありありと綴った常識破りの育児マンガ『ママだって、人間』が注目を集めています。著者は、デビュー作『母がしんどい』で毒母との戦いを描いて話題になったマンガ家の田...もっと読む

関連記事

関連キーワード

コメント

miusa_kato_yo 何もしなくても母性が湧いてくるなんてことはない| (2014年の記事) 10ヶ月前 replyretweetfavorite

ayameyuuki 【何もしなくても母性が湧いてくるなんてことはない https://t.co/jXAXBweZFM [「毒母」と呼ばれるお母さんたちは、理想の「お母さん像」を押し付けられる窮屈さから生まれてしまうんです。・・・「世間体」をものすごく重視していた]】 2年以上前 replyretweetfavorite

ayakahan 本当に日本って精神的に束縛される生き方しかできない。 3年以上前 replyretweetfavorite

Shachiku_Mum 私の母として褒められたくない病の答えを貰ったなこれは。納得。 3年以上前 replyretweetfavorite