過去形はスナップショット!?

過去の話を表現するときに、過去形を使えばいいのか、過去進行形を使えばいいのか、それとも現在完了や過去完了を使えばいいのか、とっても悩むところです。ではその一番基本となる過去形は、いったい、どんな時に使う文型なのでしょうか?

 前回、前々回に渡って現在形現在進行形についてお話しました。今週は、過去形はどんな時に使うのか解説します。

もう終わった話
 過去形がどんな時に使われるか? それは、もう終わってしまった、「過去の出来事」を表現する場合です。違った言い方をすると、今と関係のない、過去に完結した出来事を表す場合に使われるのです。昔とったスナップショットのようなもの、と言ってもいいかもしれません。

 Yesteday とか last year なんていう、過去のどの時点の出来事かが言い表されない場合も多々あります。でもそういった場合でも、話し手と聞き手の間には共通した時間軸の理解があるものです。いくつか例を見てみましょう。

I saw a movie yesterday.
I didn't see the ball game last night.
Last year, I traveled to Japan. Did you have breakfast?
She washed her car.

「今日は何したの?」「宿題をした」「車を洗った」「映画を観た」そういう「終わってしまった出来事」ですね。そんな場合には使われる表現だと考えてください。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

psy10de 終わった感満載 約4年前 replyretweetfavorite