第2回】不意を突かれても真っ白にならない

怒らず、焦らず、迷わず、生きる――。「20年間無敗」の伝説をもつ著者の強さの源泉となっている「揺れない心」。絶賛発売中の『揺れない心 本当の強さを身につける作法』では、勝負哲学の鍵を握る「平常心」を軸に、「不安」「怒り」「焦り」「落ち込み」をなくす心と行動の作法が、48に分けて解説されています。本連載では、そのエッセンスをご紹介。第2回となる今回は、焦らないための気持ちの持ち方です。


 私自身はどんな勝負の修羅場であろうと、ヤクザに脅され命の危険にさらされようと、海や川で命を落としかけようと、頭が真っ白になったということは一度もなかった。

 頭が真っ白にならない理由、それは自分の命を失いかねない修羅場をいろいろ経験してきたからだと思う。

 勝負で「勝つな」とヤクザに命を脅され、それでも屈しなかったのは、ヤクザのいいなりになって勝負を放棄すれば〝勝負師としての死〟をそこで迎えることになるからだ。
 それは私にとって、肉体の死よりも重いものであった。勝負師としての生きざまを守ることができれば、そのためには死を賭けてもいい。そんな気持ちが強かったのだ。

 勝負のなかで絶体絶命のピンチに追い詰められ、ここで負ければ、私に賭けられた信じがたいような金が一瞬にして消えてしまうというときの私の心境はこうだった。

 「面白い。やってやろうじゃないか」

 当時の私にとってチャンスというものは存在しない言葉であった。誰しもチャンスが来ればラッキーに思って、それを精一杯利用しようとする。
 だが「チャンスを利用しようなんて甘い」というのが私の感覚だ。チャンスなどではなく、絶体絶命のピンチを活かしてこそ本当の勝負だと常々思っていたからだ。
 つまり、絶対的に不利な状況、誰が見てもほぼ負けるという土壇場のピンチこそ本当の勝負所なのである。
 その逆風をしのぎにしのいで形勢を一気に逆転するところに、私は勝負の真骨頂があると思っていた。だから頭が真っ白になる暇など微塵もなかったのである。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

角川新書

この連載について

初回を読む
揺れない心 本当の強さを身につける作法

桜井章一

「20年間無敗」の伝説をもつ著者の強さの秘密はどこにあるのか?  勝負哲学の鍵を握る「平常心」を軸に、「不安」「怒り」「焦り」「落ち込み」をなくす心と行動の作法を48に分類して解説する。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

shimodakohei 凄え http://t.co/djPDPeOhqJ 約3年前 replyretweetfavorite