英語勉強法あれこれ

第38回】海外事業部に行きたい! 隣りの忙しい人はどう英語を学んでいる?②

外国人と会話しかこともなくTOEICも500点台前半からの巻き返したその方法とは。
横田浩志/日本軽金属 化成品事業部海外業務部課長

目に見えるものを
瞬間的に英作文で
“英語脳”を鍛える

 日本軽金属の化成品事業部で輸出入関連業務を行う横田浩志さんは毎月のように海外出張し、原材料の仕入れ先や製品の売り先との折衝に当たっている。

 17年前の入社時に新人研修で受けたTOEICは500点台前半。大学受験以降、英語を勉強したことがなく、外国人と会話したこともなかった。

 国内営業を担当して4年目の春、上層部が横田さんに告げた。翌年TOEICで600点以上取れたら海外業務部に配属する──。希望の部署だったし、はるか遠い点数ではない。チャンスを逃すまいと思い、勉強を始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
英語勉強法あれこれ

週刊ダイヤモンド

巷にあふれる数多くの英語学習法。読む、聞く、書く、話す…中学英語からでも再スタートできるようレベル別英語力アップ術を数回に渡って紹介していく。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません