英語勉強法あれこれ

第37回】海外事業部に行きたい! 隣りの忙しい人はどう英語を学んでいる?①

熊洋祐さんは2000年にアサヒ飲料に入社して以来、ずっと法務畑を歩いてきた。06年、法務以外にもフィールドを広げたいという気持ちが芽生えたころ、会社に海外事業の計画が浮上。英語が話せるようになってその事業に参画したいと考え、一念発起で勉強を始めた。
熊 洋祐/アサヒグループホールディングス 国際部門マネジャー

 初めて受けたTOEICは540点だった。

 朝1時間早く起き、始業前に会社近くの喫茶店で勉強した。

 参考書はいろいろ買いあさってみたが、最終的に重宝したのは、単語集『DUO3.0』(鈴木陽一著、アイビーシー)、『TOEICテスト新公式問題集』(ETS著、国際ビジネスコミュニケーション協会)、『解きまくれ! リーディングドリル』(イ・イクフン著、スリーエーネットワーク)、『海外経験ゼロ。それでもTOEIC900点』(宮下裕介著、扶桑社)の4冊である。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
英語勉強法あれこれ

週刊ダイヤモンド

巷にあふれる数多くの英語学習法。読む、聞く、書く、話す…中学英語からでも再スタートできるようレベル別英語力アップ術を数回に渡って紹介していく。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません