英語勉強法あれこれ

第36回】経営企画、国際事業部必見! 「組織英語力」とは…

グローバリゼーションのすすむ昨今、個人個人の英語力の増強だけではなく、企業全体の英語力、「組織英語力」の増強が求められています。そこで、組織英語力を一定レベルに高めるための方法論をご紹介します。

 社員の英語力アップに注力する企業は多いが、「企業がグローバルで成功するためには同時に、組織としての英語力向上に真剣に取り組むべき」。こう主張するのは、近畿大学文芸学部英語コミュニケーション学科の小林一雅教授だ。

英語化プロジェクトの方法などをまとめた『「組織英語力」の作り方』を著した小林教授

 社員の英語力アップに注力する企業は多いが、「企業がグローバルで成功するためには同時に、組織としての英語力向上に真剣に取り組むべき」。こう主張するのは、近畿大学文芸学部英語コミュニケーション学科の小林一雅教授だ。

 個人の英語力だけでは解決できない問題を解決するインフラを含めた組織全体の英語力を「組織英語力」と呼び、その強化を提案している。

 この考え方は、自身のビジネスマン時代の経験が土台になっている。

 小林教授は、大手損害保険会社に29年間勤務し、うち12年間の海外勤務を含む大半を海外部門で過ごした。その間、英語インフラの不備が原因で起きるさまざまな問題に直面。日本本社と海外拠点との意思疎通の難しさを痛感した。

 そこで2006年から社内で、組織英語力の向上を責任者として推進し、成果を挙げた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
英語勉強法あれこれ

週刊ダイヤモンド

巷にあふれる数多くの英語学習法。読む、聞く、書く、話す…中学英語からでも再スタートできるようレベル別英語力アップ術を数回に渡って紹介していく。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません