恋の数だけハッピーエンドがある

ヒーローは何に乗ってやってくる?

ハーレクイン作品のヒーロー達は、電車・飛行機・車・動物など、さまざまな乗り物で、ヒロインの前に颯爽と現れます。しかし、いつもかっこいい乗り物に乗っているヒーローばかりではなく、中には予想に反してとんでもないモノに乗って登場するヒーローもいるんだとか。あなたが思い描く王子様は、何に乗って迎えにきてくれますか?

【ハーレクイン豆知識:乗り物】

世界を股にかけるヒーローが多く登場するハーレクイン作品には電車・飛行機・車等様々な乗り物が登場しますが、初期作品では日本車が人気でマツダのスポーツカーなども出てきます。変わり種としては「白馬に乗った王子」ならぬ「らくだに乗ったヒーロー」や、 ヒロインが乗りたがっていたトラクターに乗って登場したヒーロー、はたまた熱気球に乗ってヒロインの前に舞い降りてきた(というか落ちた)ヒーローも!


【作品紹介】

『この手はあなたに届かない』

小さな湖畔の町で暮らすジョイの楽しみは、毎年夏になると避暑を求めてグレイ・ベネットがやってくることだ。グレイは近くに邸宅を持つ、名家のハンサムな御曹司。ジョイは長年彼に片想いをしながらも、たまに挨拶をかわし、甘い情事を密かに夢想するだけで満足していた。だがその夏は何かが違った—ひょんなことから、ジョイは彼に連れられNYに行くことになったのだ。そして初めて知る華やかな世界の魔法にかけられ、グレイと官能のときを過ごす。まさか夢が叶うなんて……喜びもつかの間、待っていたのは冷たい現実だった。


「何年もぼくを愛している?」

グレイは低い声で言った。これ以上グレイを見ていられず、ジョイは彼の顔から目をそらした。

「ええ、ばかみたいでしょう?いちばんどうかしてるのは、最初に寝た晩のこと。わたしが言ったあの言葉は本気だったの」

ジョイは耳障りな声で笑った。

「でも、心配しないで。もう乗り越えたわ。わたしは幻想に取りつかれるくらいだから、間抜けには違いないけど、マゾヒストじゃない」

荷物を持ち上げる。

「だから、さようなら、グレイ。あなたが一夜の情事を得意としているのはわかってるけど、万が一北部に来たくなって、わたしを捜す気になったとしても、それはやめてね。もう二度とあなたに会うつもりはないから」

ジョイはくるりと向きを変え、大股に絨毯の上を横切った。部屋を出ると、ドアは背後でひとりでに閉まった。

ペンシルベニア駅は夜の遅い時間でもかなり混み合っていて、荷物を引きずって早足で歩くジョイは、何度も妙な目で見られた。クロムイエローのイブニングドレスを着た女性が、巨大な駅のロビーを突っ切る光景は、さすがのニューヨークでも珍しいようだ。 乗る予定の列車はすでに待っていたので、ジョイはドレスの裾を持ち上げ、プラットフォームに急いだ。いちばん奧、エンジンのそばの先頭車両に制服を着た集札係がいて、ジョイに向かって手を振った。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません