恋の数だけハッピーエンドがある

ナースとドクターが育む愛

救急救命室の現場や医局内の権力闘争などを題材にした医療系ドラマは、日本でも人気ですよね。じつはハーレクインにも“メディカル”というジャンルがあるんです。今回は医者に「友情以上を求めない結婚」を申し込まれた看護師の物語をご紹介します。

【ハーレクイン豆知識:医療もの】

救急救命室の現場や医局内の権力闘争などを題材にした医療系ドラマは、日本でも人気ですよね。じつはハーレクインにも“メディカル”というジャンルがあるんです。今回は医者に「友情以上を求めない結婚」を申し込まれた看護師の物語をご紹介します。


【作品紹介】

『薬指にこめた祈り』

看護師長のサラは恋人にふられて落ちこんでいた。 そんな彼女に、ある日、意外な人物から声がかかった— 顧問医のドクター・フーゴ・ファン・エルフェン。 フーゴの下で働き始めて3年になるが、 彼はこれまで一瞬たりともサラに関心を示さなかった。 もちろん今回も、入院患者のケアを手伝ってほしいと頼まれただけ。 ところが数日後、サラが勤務を終えて帰ろうとしたとき、 フーゴに呼び止められ、驚くべき申し出をされる。 「僕と結婚してくれないか?」息もできず呆然と立ちつくす彼女に、 彼はほほえみもせずに続けた。「友情以上を求めはしないよ」


ロッテルダムを過ぎると霧雨が降りだしたが、田舎の風景は美しく、小さな村に立つ家々はまるでブリューゲルの絵から出てきたようだった。スピードを落としてアルフェン・アーン・デン・レインを走っているとき、フーゴがバードパークの話をした。

「よければ、一度夕食に行こう。近くにいいレストランがあるんだ。きっと君も気に入ると思う」

サラは熱っぽく答えた。

「まあ、ぜひ行きたいわ。なにもかも、なんて興味深いのかしら!」

興味深いどころではなかった。二週間以上フーゴと一緒に過ごせるのだと実感し、喜びのあまり心臓が早鐘を打っている。フーゴに手を握られ、組み合わされた二人の手が膝の上に置かれるまで、サラは自分がほほえんでいるのに気づかなかった。

「なぜほほえんでいるんだい?」

フーゴが静かに尋ねた。

「幸せかい?」

フーゴの手はもう離れていたが、サラはまだぬくもりを感じていた。これまで彼に幸せかときかれたことはなかった。

「ええ、幸せよ。こんなに幸せな気持ちになったことは……」

そこで口をつぐんだ。“スティーヴンを愛していないと気づいて以来、なかった”と続けそうになったからだ。だが、もちろんそんなことは言えない。

「長い間、なかったわ」

サラはぎこちなく続けた。

「これでは今まで幸せじゃなかったように聞こえるわね。でも、幸せだったわ。結婚生活は楽しいもの」

フーゴは思いやりに満ちた声で言った。

「ありがとう、サラ。僕たちはお互いにとってこれ以上ないくらいふさわしい相手だと思う」

そのあとはなごやかな沈黙が流れ、やがてフーゴはもうすぐアムステルダムだと告げた。 熱心に地図を見ているサラに向かって、彼は言った。

「ホテルはアムステルダムの真ん中だ。今回はゆっくりできないが、次は一週間くらい滞在しよう。あるいは、週末に飛行機で来てもいい」

車はアムステルダムに入った。サラは古風で趣のある細長い家やたくさんの店、繰り返し現れる運河を見ながら、思いたったときに気ままに週末の旅行ができるなんてすばらしいとひそかに思っていた。実家は貧しくはないが、年に何度も休暇を取るのは経済的に厳しい。金の心配はしなくていいとフーゴが言ったのは誇張ではなかったようだ。

フーゴが車の速度を落とした。サラが首を伸ばし、通りの両側にずらりと並ぶ店を熱心に見ていると、彼は陽気に言った。

「明日、出発する前に町をひとまわりしよう。夜にフェルハウテンに着けばいいんだから、午後まで時間がある」

サラはあわてて言った。

「あら、気にしないで。珍しいものばかりで好奇心を刺激されただけよ」

フーゴは笑った。

「さあ、もうすぐ着くよ。ホテルはあの橋を渡ったところだ」

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
恋の数だけハッピーエンドがある

ハーレクイン・ロマンス

数々の恋愛小説を世に送り出し、女性たちに癒やしを届けてきたハーレクイン・ロマンス。なんと、これまでに出した全ての小説は必ずハッピーエンドを迎えるのだとか。今回はそんなハーレクインの日本上陸35周年を記念して、人気の35作品の見どころを...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません