俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

アラサー世代の夜の蝶が百花繚乱“姉系”キャバの歩き方

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさい——。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

 女と畳は新しいほうがいい—ということなのか。更年期障害で錯乱した行きつけのスナックママが、古参のアルバイトレディを一斉解雇。平均年齢を8つも 下げて、メンヘラ気味の金髪フリーターや自分探し女子大生を大量投下。一回り以上年下の娘に太田裕美「木綿のハンカチーフ」などリクエストできるはずもな く、ももクロのマイナーナンバーを熱唱されて、思わず安酒を痛飲する始末だ。

 スナックに限らず、若者がキャバクラを離れて久しい昨今、客の平均年齢の上昇に合わせて、口説きたくなるキャバ嬢の年代も上がってくるのは自然の摂理。 そんな需要の変化に応じてか、近頃夜の世界では、アラサー女子をセンターに据えた“姉系”なる店が急増している。実情を探ってみた。

同じ目線のトークに“恋したい”感が倍増

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

SPA!

この連載について

初回を読む
俺の夜~記者が自腹で集めた夜遊び情報~

風俗(かぜ)を読む取材班 /SPA!編集部

夜遊びはカネもかかるし、めんどくさいーー。そんな昨今の風潮を嘆き、日本の夜を元気にするため、SPA!編集部の精鋭記者たちが立ち上がった!(毎週水曜日更新)

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード