なぜそれをやりたいのか」を問い続ける。

東京糸井重里事務所のCFO・篠田真貴子さんに、「ほぼ日」のクリエイティブのひみつを聞いていくシリーズ連載。今回はいよいよ、ほぼ日がヒットコンテンツをつくり続けられる理由に迫ります。鍵となるのは、「動機」「実行」「集合」の3つの輪。コンテンツがうまくいったときも、そうでないときも、この図ですべてが説明できると篠田さんは言います。

なにはなくとも、「動機」が大切

— これは糸井さんとの対談でもおうかがいしていたことなのですが、組織としてクリエイティブの仕事をすることについて、篠田さんはどうお考えなのでしょうか。

篠田真貴子(以下、篠田) 「動機」を出発点にするのが非常に大事だと思っています。

 たとえば、何かをつくりたいという提案があったとします。そうしたら、その企画がいいかわるいかの前に、「なぜこれをやりたいのか」ということを、糸井がすごく問うんです。さらに、それが多くの人にとってどういう意味があるのか、ということも。糸井のクリエイティブの姿勢自体が、普通の人が持っている「動機」に、実はものすごい宝があるという考え方だからです。

— この図は、世間一般で使われている図なんですか?

篠田 いえ、糸井と私でつくったオリジナルです。発端は、先ほどおっしゃった「組織でクリエイティブの仕事をする」ということについて、ほぼ日でうまくいっているコンテンツとはなんなのかを、私が「モデル化したい」と思ったことからです。入社してはじめの1年間は、これを見出すために時間を使いました。

— 1.動機、2.実行、3.集合。そしてそれらのまわりを「社会」が取り巻いている。この動機の部分って、糸井さんの動機というわけではないんですよね?

篠田 糸井発信のコンテンツもありますけど、糸井の動機に限ったものではありません。例えば、三國万里子さんという編み物作家さんのコンテンツは、2人の女性の乗組員(ほぼ日スタッフ)が三國さんの本を読んで夢中になったことから始まっています。ワークショップに行ってますます惚れ込んで、なんとかコンテンツにできないか先輩社員に相談したんです。

— この人が好き、みんなに広めたい、という「動機」ですね。

篠田 そして、先輩たちが「ただ編み物を紹介してもカタログみたいになってしまうね」と一緒に知恵を出し合って、「ライブで編み物をしているところを中継しよう」というアイデアが出ました。それを元にコンテンツ化して、実際中継をしたんです。

— そこが「実行」。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
ほぼ日」のひみつ—篠田真貴子インタビュー

篠田真貴子

糸井重里さんの右腕として、東京糸井重里事務所のCFOを務める篠田真貴子さん。このシリーズではcakes代表の加藤が、篠田さんに「ほぼ日」のクリエイティブのひみつを聞いていきます。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hinagikutwo "その企画がいいかわるいかの前に、「なぜこれをやりたいのか」ということを、糸井がすごく問うんです。さらに、それが多くの人にとってどういう意味があるのか" https://t.co/C7YufOApCZ うむ。大事。 3年以上前 replyretweetfavorite

ntatsuya19 “読み物コンテンツも同じです。商品よりも少人数で完結するだけに、動機が弱いままだったり、社会に十分つながってないままスタートできてしまうことがある。そうするとやっぱり、「集合」の部分であまり盛り上がらないで終わってしまいます。” https://t.co/tx24oPK4u8 約4年前 replyretweetfavorite

tabikimama 小さな組織のマネジメントの話としてとても面白い。 QT 約4年前 replyretweetfavorite

the_kawagucci 組織.は.個をばらっと集めるだけではダメ.方向性をそろえるメカニズムは必要..従来の組織.上意下達のピラミッドをつくること….糸井事務所で方向性をそろえるものにあたるのが「何を大事と思うか」という、糸井重里が発する価値観 . https://t.co/doQk7yF0el 約4年前 replyretweetfavorite