高木こずえ写真展「琵琶島」—まるで自由研究?

写真展示といえば、風景でもポートレートでも作品が一点ずつ横並びになっているイメージがあるもの。しかし、現在東京・品川キヤノンギャラリーSで開催されている高木こずえ写真展「琵琶島」では、展示会場の壁の上下左右いっぱいに写真が貼り尽くされています。それらすべてが個展名ともなっている高木の作品「琵琶島」そのもの。まるで自由研究のような写真群のなかから見えてくるものとは?

会場の大きな部屋に入っていくと、四方の壁が、目にまぶしい色の数々で埋め尽くされており不意を突かれます。東京・品川にあるキヤノンギャラリーSです。カメラブランドの名を冠していることからもわかるとおり、ここは写真を使った作品を主に展示するギャラリー。風景にしろ人物ポートレートにしても、写真作品というのはたいてい、被写体がよく見えるよう一点ずつ順に横並びになっていることが多いのでは? そう思い込んで足を踏み入れると、あまりのギャップに驚いてしまうのです。

何しろこの展示、壁の左右いっぱい、それに上下も手の届かないところから足元まで、びっしり写真が貼り尽くされているのですよ。どんな写真なのかといえば、これもまたひとことでは言いがたい。ふつうにカメラのほうを向いている子どもの顔もあれば、両手で顔を引っ張ってヘンな顔をした男女も。雄大な山や水辺の景色、手作りっぽい衣装がぽつんとオブジェのように置かれていたりもします。脈絡はなく、神羅万象がここにあるといった感じです。

しかも、写真はときにコラージュされていたり、画面に円形や三角、四角の線が走っていたり。色合いだって自然のままとはとうていいえず、青、赤、黄の原色が強烈に目に飛び込んできます。

高木こずえによる個展「琵琶島」です。高木は大学在学中に公募展「キヤノン写真新世紀」でグランプリを獲得し、以来、精力的に作品を発表し続けています。今回出品している「琵琶島」とは、長野県にある琵琶島遺跡のこと。2年前に高木は、300点ほどの写真をコラージュして、極端に縦長の作品を制作しました。縦長とひと口にいっても、そのスケールは壮大ですよ。何しろ高さは12メートルに及ぶのです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
アート・コンシェルジュからの便り

山内宏泰

世に“アート・コンシェルジュ”を名乗る人物がいることを、ご存じでしょうか。アートのことはよく知らないけれどアートをもっと楽しんでみたい、という人のために、わかりやすい解説でアートの世界へ誘ってくれる、アート鑑賞のプロフェッショナルです...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

stillsteeldown 明日まで夏期休館には注意だね。超行きたいと思ったのに! | 約4年前 replyretweetfavorite