​夏の北海道で愉しむアートと食事

先日、札幌国際芸術祭を観に北海道を訪れたSumally代表・山本憲資さん。今回のレストラン案内は、そんな札幌編をお届けします。食といえば北海道、北海道といえばお鮨ということで、最初に訪れたのは昭和40年代から続く老舗の鮨屋。北海道の新鮮な素材と、大将が全国の名店を食べ歩いて学んだ"仕事"が素晴らしい名店です。そして、夜食と翌日の昼食で食べた北海道の人気ラーメン店にも注目です!

北海道の素材と全国の名店から学んで作ったスタイル

先日、札幌国際芸術祭を観に北海道を訪れた。メイン会場のひとつ、イサム・ノグチ設計のモエレ沼公園、完成直後の冬に一度一瞬だけ行ったことがあったんだけど、雪が積もっていて全景が分からず、しっかりと訪れるのは初めて。札幌の中心街からバスに揺られること30分弱、その完成度の高さに圧倒された。展示されていた、坂本龍一とライゾマティクスの音を認識するディスプレイをはじめとしたいくつかの作品も良かったが、何より公園のスケールに一番感銘を受けた。あの公園は北海道にあることに凄く意味があると思うし、アートと自然の向き合い方のひとつの形を示している。他、札幌芸術の森にも行ったりと、芸術祭を満喫。

そして北海道に来て、食事を愉しまないわけにはいかない。夜、昼、夜と三度食事をする機会があったのだけれど、初日の夜は鮨。すすきの交差点そばにある飲食店が入ったビルの1F奥手にある「薄野 鮨金」へ。

お店自体は昭和40年代からやっているとのことだけど、シャリを赤酢に変えたり、ネタにいろいろ仕事をするようになったのは二代目となる現在のご主人が継いでからとのこと。お店の内装も引き継いだのを機に、よくあるショーケースが並ぶカウンターだったのを、モダンな白木のデザインに変えて今の様子になったという。どこかで修行していたわけではなく、全国の名店で食べて勉強し、今のスタイルに行き着いたとのこと。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

konpyu また帰省したくなる記事がupされました 3年以上前 replyretweetfavorite