老けることより怖いこと

「老けたなあ」と女性から感じるポイントはどこ?という質問を受け、bar bossaの店主・林伸次さんが悩んだ挙句出したのが今回のテーマ。林さん自身も自分は「老けたなあ」と感じているそうで、林さんなりの「老け」との向き合い方もお話します。

「老けた」と感じるポイントは?

いらっしゃいませ。
bar bossaへようこそ。

たまに女性のお客様で「私、いくつに見えますか?」なんて質問をする人がいます。困った質問ですよね。

「うーん、こういう服の趣味だからたぶん30代後半なんだろうけど、でも意外ともう少し上なのかなあ、それとも…」って感じで悩んでしまいます。

この質問にはこう答えるべきだという有名なマニュアルがありまして、「あまり考えすぎずに本当に思った年齢の4才若く言えば良い」というものです。

「34才くらいかな」と直感で思ったら「30才」と即答すれば良いというわけです。すると「35才です」とか「32才です」となっても大丈夫だし、最悪「28才です」と言われても「落ち着いて見えますね」と言えば大体は「いつもはもっと上に見られるんです」とか答えてくれるわけです。

いやでもこの質問、できれば精神衛生上良くないのでやめて欲しいものです。先日は女性二人組みのお客様(独身、推定年齢35才)達からこんな質問もされました。

「久しぶりに知り合いの女性に会って、『老けたなあ』って思うポイントはどこですか?」

この質問も怖いですよね。

「肌」とか「髪質」とか答えても話題としてはなんにも面白くありません。その女性達も「そうかあ……」って言って、話は終わりです。それで僕はこう答えました。

「そうですねえ。髪型とか服装とかが自分がかつて遊んでて一番モテたころで止まったままの女性っていますよね。そういう風に『あ、止まってる』って気付く時に『老けたなあ』って感じますよ」

この答えでその場は「ああ、確かにそういう人っているいる」なんて感じでうまく切り抜けたのですが、でも、本当にそうだなと思いませんか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

渋谷のバーのマスターが教える、恋愛作法のエトセトラ。ついに書籍化!

ケイクス

この連載について

初回を読む
ワイングラスのむこう側

林伸次

東京・渋谷で16年、カウンターの向こうからバーに集う人たちの姿を見つめてきた、ワインバー「bar bossa(バールボッサ)」の店主・林伸次さん。バーを舞台に交差する人間模様。バーだから漏らしてしまう本音。ずっとカウンターに立ち続けて...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

moe_sugano 「新しいことにチャレンジしていく精神」ってほんとうに大切ですよね。それがなくなったときが一番こわい。(少なくともわたしは)> 1年以上前 replyretweetfavorite

noselitan ホント、メイクも髪型も服も変わってなくて時代が止まってるの一番怖い。抜け出したい 約2年前 replyretweetfavorite

pita_sw |林伸次 @bar_bossa 引用元はこれ。有料だけど、さっきの気になった人は読んでみたら。 https://t.co/5uRWYVPfju 2年以上前 replyretweetfavorite

galltakunn どんなに歳がはなれてても、歳を感じさせない男性は、「気が若い」だなーー。 4年弱前 replyretweetfavorite