太い客」になる16%の法則【キャバクラでブルーオーシャン戦略を学ぶvol.3】

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回は、大人の社交場・キャバクラでなるべく経済的にいい思いをする方法からブルーオーシャン戦略を学びましょう。
解説する用語:“イノベーター理論”、“キャズム理論”、“ドミナント戦略”
(イラスト:エモリハルヒコ)

38 イノベーター理論(マーケティング)

◇本来の意味◇

イノベーター理論とは、新商品の市場浸透に関する理論のこと。顧客層を商品購入の態度によって5段階に分類したもので、新商品の購入が早い顧客層から順番に、イノベーター(市場全体の2.5%)、アーリーアダプター(13.5%)、アーリーマジョリティー(34.0%)、レイトマジョリティー(34.0%)、ラガード(16.0%)に分けられている。

◆モテビジ解説◆

イノベーター理論には、「普及率16%の法則」というものがあります。これは、ある新商品が、流行に敏感で新しもの好きなイノベーター(2.5%)と、比較的早めにそれに追従するアーリーアダプター(13.5%)を合わせた16%の顧客に普及すれば、その商品はブームとなって一気に需要が加速する、という法則です。これをキャバクラにあてはめると、特定のお店で在籍50人中、上位8人(16%)の女の子を指名すれば、お店の中で途端に「太い客」として名前が知られるようになり、競争原理が働いて接客やサービスのレベルが上がる、ということです。実際に私は、かつてこの方法である店の中で有名人となって、アフターに家で鍋パーティーを開くまでになり、同行する後輩を喜ばせました。

39 キャズム理論(マーケティング)

◇本来の意味◇

キャズム理論とは、「普及率16%の法則」に異議を唱え、初期市場を構成するアーリーアダプターと、メインストリーム市場を構成するアーリーマジョリティの間には、簡単に越えられない深く大きな溝(キャズム)があるとする理論。この溝を突破して新商品がメインストリーム市場に移行するには、普及段階に応じてマーケティングアプローチを変えることが必要とされる。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません