自閉症者の困難も、家族の愛情も、国が違っても変わらない。—東田直樹特別インタビュー

重度自閉症者の東田直樹さんが、13歳のときに執筆した書籍『自閉症の僕が跳びはねる理由』の翻訳書『The reason I Jump』が、いま、世界中で異例のベストセラーとなっています。
米・カナダのamazonでは全書籍中1位、NYタイムズベストセラーリストで3位を獲得。英amazonでは発売前になんと6000部の予約が入ったそう。

そんな2014年7月、東田さんが渡米し、初の海外講演が行われました。そこでの経験をお伺いすべく、帰国後すぐ、インタビューをさせていただきました。
初めての方は、こちらの無料インタビュー「『壊れたロボット』のような身体と対峙しながら」も、合わせてお読みください。

訳された言葉は、遠くの友達に贈るプレゼントのようだった

(編集部が部屋に入ると、東田さんは少し落ち着かない様子で、時に声を出しながら、部屋の中を行ったり来たりしていた。母親の美紀さんによると、東田さんは暑さが苦手なのだそう。また、前回のインタビューから約半年が経っており、久しぶりだからかもしれないとのことだった。
 クーラーの温度を低くし、東田さんが落ち着くのを待って、インタビューを始めた。)

—この度は、ニューヨークでの講演会、本当にお疲れさまでした。海外での講演会ということで、緊張されたのではないでしょうか。

東田 そうですね。はじめての海外講演だったので、心配でした。

(ここで、インタビュアーがかばんからパソコンを取り出したところ、東田さんは「わー」と言いながら席を立ち、インタビュアーのパソコンに駆け寄り、キーボードを打とうとした。
 母親の美紀さんが急いで東田さんのパソコンを取り出し、前に置くと、東田さんは一心にキーボードで文字を入力し始めた。「インタビュアーのパソコンを目にしたことで、思い付いた言葉を打ち込まないと、気がすまなくなってしまったのでは」と美紀さんが説明してくださった。
 少しすると、再びインタビューに答えるため、東田さんは文字盤を指しはじめた。会話の場合は、話すことに集中するために、文字変換などの機能がついていない文字盤のほうを使用するそうだ。)

東田 僕の言葉が届くのか、思いを伝えられるのか、ご参加くださる方々の反応はどうか、見通しがつかないのが心配でした。おわり。

—実際に講演されてみて、いかがでしたか?

東田 いつもと違う風景でしたが、自分らしい講演会ができたと思います。お客様は外国の方ばかりだったのですが、皆さん僕の言葉に耳を傾けてくださいました。
 通訳の方が訳してくださる英語を聞きながら、僕の言葉が空の彼方へ飛んでいくみたいな気がしました。言葉を訳して伝えるということは、遠くの友達にプレゼントを贈るようだと感じました。おわり。


パソコンに文字を打っている東田さん。
インタビューの途中で、連想したり気になってしまったりした言葉を、打ち込まずにはいられないのだという。

言葉の意味を理解できないのは、話せない以上に寂しかった。

—さっき、私がパソコンを取り出したときに大声を出したのは、パソコンを触りたくなったからですか?

東田 そうです。パソコンを見てしまうと、自分でも打ちたくなってしまいました。おわり。

—インタビューに答えてくださっている際にも、途中で何度も、キーボードに文字を打ち込んでいらっしゃいますが、何を打たれているのですか。

東田 頭に浮かんだ言葉です。僕は自分の気持ちと関係なく、言葉が頭の中に溢れることがあります。おわり。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
跳びはねる思考—22歳の自閉症作家が見た世界

東田直樹

「僕は、まるで壊れたロボットの中にいて、操縦に困っている人のようなのです。」 会話ができないもどかしさや意に沿わない行動をする身体を抱え、だからこそ、一語一語を大切につづってきた重度自閉症の作家・東田直樹。 小学生の頃から絵本...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

eikomasha #BROS1991 見て欲しい 2年以上前 replyretweetfavorite

yamadanoima 夜中のTV東田直樹。興味深かった〉 3年以上前 replyretweetfavorite

So_Kawai cakesで連載読んでた。 https://t.co/VxWf4nmqMd 3年以上前 replyretweetfavorite

asiapaa いい本は国境を超える。QT @YukariWatanabe 米国での翻訳版、すごく売れています> 3年以上前 replyretweetfavorite