手が届かないから浸れる”最高糖度”のロマンス

声優の池澤春菜さんの語学留学生活も終了。ハーレクイン作品の中にあるような、あま~いロマンスを期待していた池澤さんですが、結果はいかに? さらに、今回は“最高糖度”のロマンスを堪能させてくれるハーレクイン作品『天使の初恋』のレビューに挑戦。今まで大げさな設定の作品には苦手意識があったという池澤さんですが、意外や意外、読み始めると引きこまれてしまいます。

cakes読者の皆様ごきげんよう、約1ヶ月半の留学より無事帰国いたしました池澤春菜です。

うう……なんの収穫もなく。ロマンスの、ロの字も……あったのはロブスターロールのロくらい(あ、でも二つも入ってる)。おかしい、あの渡米時のトキメキは何だったんだ!! でも引き続き日本でも探しますよ、トキメキを。

さて。

今回チャレンジするお話は……ええ、あえてチャレンジという言葉を使いましたが、今までちょ〜っと苦手で 避けてきた分野でございます。ティファニー・ライス「天使のはつ恋」。何となく爽やかな、甘酸っぱい感じのタイトルですが、 いやいや、これが。もう最高糖度……むしろ糖度って言うより粘度。HPのコピーが「切なく官能をゆさぶるT・ライスの衝撃の新作! 彼女のぬくもりが、傷ついた天使に飛び方を教えた—Erotica エロティカ溢れる欲望、極限の愛。」……大丈夫かしら、私。

天使のはつ恋

ヒロインノーラは官能小説作家。恋人ソルンは、聖職者でありながら性的倒錯者秘密クラブの支配者……おおおう、この解説文だけでちょっと目眩が。「天使のはつ恋」には前作があり、そちらで人間関係は構築済み。生半可ではないすったもんだの挙げ句、前作でようやく心が通ったノーラとソルン。今回は、彼らに加え、自傷癖のある超絶美少年マイケルのプライベー トが、何者かの「利益相反の可能性あり」との密告により晒される危機に。ここらへんのサスペンスな畳かけがうまくて、さらに仕掛けとしてヒーローとヒロインは充足しているけれど世間的に見れば後ろ指さされる身だ、というのがよ〜く効いてます。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
世界の合言葉はロマンス

池澤春菜

カナダのハーレクイン社が出版している女性向けの恋愛小説ハーレクイン・ロマンス。それらの作品をこよなく愛するのが、声優・エッセイストの池澤春菜さんです。ハーレクインの舞台となった街がたくさんあるロマンスの国アメリカへ語学留学に行っていら...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

sosanjin くらり。 約4年前 replyretweetfavorite

fumimemo 今回の本は、T・ライスの『天使のはつ恋』。 4年以上前 replyretweetfavorite