“弱いつながり”の裏にある“研ぎ澄まし”という出力作法

東浩紀さんロングインタビュー最終回。東浩紀さんが近頃よく口にする「研ぎ澄まし」という工程には、東さん流のコンテンツの作り方が示されていました。『弱いつながり』にも書いていない、コンテンツに集約するための、引き算の作法とは。一般的な方法論とは、逆だというそのアウトプットの工程とはどんなものなのでしょうか。

自分で全部やるからおもしろい

— 今はゲンロンのサイトのリニューアルとかも、東さん自らガンガンやっているという話を小耳に挟んだですが。

東浩紀(以下、東) タンブラーでね。やりましたよ。

— タンブラーのカスタマイズをしまくってたんですか?

 レスポンシブデザインみたいな話だとタンブラーが1番楽らしいので。スマホでもきちんとデザインが変わってくるし。今のゲンロンのサイトの構造ってすごいシンプルになってるんですよ。こういう風になってて。

— へえ! このバージョン初めて見ました!

 「ゲンロン友の会」「ゲンロンカフェ」「ゲンロンショップ」。ゲンロンの事業ってこの3つしかない。 このシンプルさがすごく大事なんです。
 今までは、出版機能である「ゲンロン」と会員向けのサービス「ゲンロン友の会」をわけて4つのカテゴリーがあったんですよ。でも、出版機能と「ゲンロン友の会」は実質サービスとして同じなんです。そういうのを組み替えて、サイト構造の形におとすっていうことを、この数ヶ月やってました。その結果、うちの会社のサービスは非常にシンプルになった。

— この作業って、東さんが文章を書くときに、構造の美しい、美質の高い文章を好まれるのと同じ推敲作業ですよね。ホームページのデザインについても、サービスの方針にしても、全部文章を構成して、推敲するようなものづくりの延長線上に見えてきました。

 プログラミングとかはもちろん別の人ですけど、内容はぼくが全部細かく把握した結果こうなりました。これはね、他の人はできない。ゲンロンって会社の全体のサービスの構造がわかってるのはぼくしかいないんだもん。当たり前ですね。

— 組織構造への理解も変わり続けているわけですものね。

 「東さんは、文章書くだけでいいのに、よく出版とかやりますね」ってよく言われるわけだけど、文章を書くだけはおもしろくないから出版事業を立ち上げたわけでね。それなのに、ゲンロンって会社を大きくしていく中で、出版事業は社員に任せて、自分はクリエイティブなことだけをやるぜって、それだったら最初から会社起こすなって話なんですよね。だから、この会社はぼくが細かいところまでやってるから楽しいんであって、それでいい。

— なるほど。

 これこそぼくがやるべきことです。最近になって、ようやくゲンロンっていう会社のミッションがわかるようになってきました。

「研ぎ澄まし」でコンテンツを作る

— 振り返ると、会社名も「コンテクスチュアズ」っていう名前から「ゲンロン」に変えたり、ゲンロン友の会のサービスも、何度もリニューアルしていって、常に最適な答えを探して変化していったわけですよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
東浩紀よ、どこへ行く

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。茫漠たるネットの時代において「かけがえのない生き方」を示した作家・思想家の東浩紀さんの新著『弱いつながり 検索ワードを探...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

lpggass 東さんまた門外不出の前でポーズ決めてらっしゃる(w https://t.co/YhbdQbOtb2 4年弱前 replyretweetfavorite

hharunaga 「いわゆるゼロ年代の以降の批評の人たちっていうのは、インプットもせまく、アウトプットも狭いっていう感じに見えます」←いわゆるオタクですね。 4年弱前 replyretweetfavorite

shiba710 なるほど。とても参考になります。/「世界に広がったのはいいんだけど、それをどうアウトプットするか。その時はしゅっと研ぎ澄まさなきゃいけない」 / “第5回 4年弱前 replyretweetfavorite

nkg_13 東さんの仕事のプロセスの核心が覗けた気がします。インタビュー最終回です! 第5回 |東浩紀よ、どこへ行く――『弱いつながり』刊行記念インタビュー https://t.co/Ni7nKhDBmF #fb 4年弱前 replyretweetfavorite