いばっている専門家の正体は、インテリではなくただのオタク。

東浩紀ロングインタビュー第2回。今回は、著書のタイトルでもある"弱いつながり"について。親しい友人たちとの関係だけでは人生は変わらない。大きな人生の転機を作るためには、もっと適当に色々なものに関わって"弱いつながり"を作ることが大切だと東さんは言います。

「弱いつながり」こそ人生の転機に

— タイトルにもなっている「弱いつながり」という言葉がキーフレーズですよね。これをひらたく説明していただくと、どういうことなんでしょうか?

弱いつながり 検索ワードを探す旅
『弱いつながり 検索ワードを探す旅』

東浩紀(以下、東) グラノヴェッターという社会学者が書いている「弱い絆」、「弱いつながり」という考え方があるんです。自分のことをよく知っている、「強いつながり」を持っている人を通じてよりも、実はあまり自分について知らなくて、パーティーで1回あっただけの「弱いつながり」の人からポロッと言われたことの方が、大きな人生の転機につながりやすい。
※マーク・グラノヴェッター:アメリカの社会学者。共同体の中での情報の伝播に関して「弱い紐帯の強み"The strength of weak ties"」に関する学説を発表した。

— 予想外のアクシデントの方が、いい意味でも大きな変化につながることが多いということですね。

 それがネットでうまくできるかというと、意外とそうでもない。つながりをどんどん強くしていくのが今のネットの方向性なので、そういう「弱いつながり」を手に入れるためにはネットだけでなく、リアルに出ていくといいよ、という話ですね。

— 確かに、身近な人やFacebookなどでしっかりと結びついた人からは、無難なことしか言われない気がします。

 考えたら当たり前の話で、自分に近い人間であればあるほど、自分が予想できることしか言わないわけですよね。勘違いも多いとはいえ、1、2回しか会ったことのない人の方が、ズバリと本質をついてくる可能性がある。そういうところに実は人生が開かれていく可能性があるんだよと。

本当の意味でのインテリとは?

— ぼくらは東日本大震災が発生して、自分が当事者であるのか、ないのかということを厳しく問われました。この本には、「村人(当事者)」と「旅人(部外者)」でもなく、「観光客」でいいじゃないかという話もでてきますよね。

 結局、「よその人は、うちの村のことに口を出さないでくれ」っていう話がどこでもあるんですよね。だからといって、みなが本当に村人も、つまり当事者になれるかといえば、そうでもない。
 生き方として考えても、どっか一箇所に根を下ろしてじっとしているか(村人モデル)、ずっと旅をして転々としていくか(旅人モデル)、大きく分けるとその2つがありますね。そのどっちがカッコいいかという議論があるんだけど、よく考えれば両方とも窮屈な生き方です。だからこの本では、どっかに拠点をおきながらも、適当に色々なものに関わるっていうのが1番いいと言っている。それこそが「弱いつながり」ってことなわけですよ。ぼくは「観光客モデル」と呼んでいます。

— 東さん自身も、出発する村をフランス哲学としながらも、いろんな村に旅というか“観光”をしているわけですよね。

 そうなんですよね。ぼく自身、かなり適当なんですよ。

— でも、「批評」というものは、自分のポジション、立ち位置がどこであるというのを足場にして発言することが多いですよね。例えば、「文化を守る立場からすると」「教育の一端に携わる者としては」みたいな前置きをする人をよく見かけます。

 そうですね。インテリの人たちは、「哲学的観点から言うと」とか「社会学的観点から言うと」とか言って、自分の地盤をしっかり定めて発言しますね。でも本当は、その地盤っていうのも大したものじゃないことが多い。

— え、そうなんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
東浩紀よ、どこへ行く

東浩紀

検索すればあらゆることがわかる時代。日々たくさんの情報に埋もれているけれど、果たして本当に欲しい情報はなんなのか。茫漠たるネットの時代において「かけがえのない生き方」を示した作家・思想家の東浩紀さんの新著『弱いつながり 検索ワードを探...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

a_tocci 『「学際的」という言葉は残念ながらあまりいい言葉じゃなくて、あれはまず村があって、ぼくは哲学担当、ぼくは社会学担当、ぼくは倫理学担当みたいなのが、誰かの号令で取り敢えず集まって、「はい、論文集作りました」みたいな状態ですね。』 https://t.co/0KGkzKS2RM 3年以上前 replyretweetfavorite

the_kawagucci 自分に近い人間であればあるほど、自分が予想できることしか言わないわけですよね。勘違いも多いとはいえ、1、2回しか会ったことのない人の方が、ズバリと本質をついてくる可能性がある。そういうところに実は人生が開かれていく可能性があるんだよ https://t.co/bLBmCBFDTw 3年以上前 replyretweetfavorite

Singulith まあねえ。でも欧米白人が差別丸出しに「日本は男性天国」とかの誤解を恥じないのも困る。  >「ぼくらフランス人でもないんだし、フランスの思想を原文で一生懸命勉強したからってそれが何なの? と。〜翻訳だろうがなんだろうが、新しい..」  https://t.co/xs9K5lKmcm 3年以上前 replyretweetfavorite

Kanaerror まだ読んでないんだけど、「弱いつながり」ってそういう意味だったのか。買って読もう。 > 3年以上前 replyretweetfavorite