英語勉強法あれこれ

第29回】新卒採用とTOEIC

学生のTOEIC受験者が年々増加しているというが、新卒採用段階で企業はどこまで英語力を求めているのだろうか。

 武田薬品工業が730点以上、テルモは600点以上──。

新卒採用の選考条件として公表しているTOEICのスコアである(技術職などは除く)。全日本空輸も業務に支障のないレベルとして600点という目安を示し、エントリーシートにTOEICスコアの記入欄を設けている。

 有名企業のこうした動きを受けて大学側も学生のTOEIC受験を後押しする。受験料を大学が全額負担するのは今や当たり前、700点以上で5万円、800点以上で15万円といった奨励金制度を設けている大学もある。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

週刊ダイヤモンド

この連載について

初回を読む
英語勉強法あれこれ

週刊ダイヤモンド

巷にあふれる数多くの英語学習法。読む、聞く、書く、話す…中学英語からでも再スタートできるようレベル別英語力アップ術を数回に渡って紹介していく。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません