伊勢うどん全国制覇への道 【第2回】地元はふわふわと燃え続けている!

うどん界のダークホース、伊勢うどん。その魅力について追究するコラムニストの石原壮一郎さんの短期集中連載の第2回は、現地取材を敢行! 歴史のある、個性豊かな伊勢うどんとその味を生み出す名店のオーラを感じ取りましょう。

「Chu-Chu チュルチュル Chu-Chu-Chu 笑顔が嬉しい伊勢うどん♪ みんなで『おいない』 みんなで『食べてきない』 伊勢うどん 伊勢うどん♪」

これは、三重県伊勢市で活動するアマチュアバンド・フォークグラスが歌う『美し国(うましくに) 伊勢うどん』(作詞:ちゃぁら、作曲:Satoh's)のサビの一節です。ぜひ曲名のところをクリックして、フルバージョンを聞いてみてください。

フォークグラスは11年前に結成され、メンバーは公務員や教員、会社員など。地元のイベントでは引っ張りだこで、年間20~30のステージをこなしています。フォークからロックまでレパートリーは多彩ですが、この歌はどこに行っても大ウケ。「伊勢を元気にしたい。伊勢うどんをもっと知ってほしいという願いで作りました」と言うのは、メンバーの高部典幸さん(53歳)。歌われているのは黒と白の伊勢うどんですが「この歌で紅白歌合戦に出るのが夢です」と、ちょっと照れながら壮大な野望を語ってくれました。

太くてやわらかい麺に、甘辛い真っ黒なタレをからめて食べる伊勢うどん。全国的に大人気の讃岐うどんとは対極的な存在で、一部の心無い、うどんに愛も理解もない人たちからは「茹ですぎ」だの「許せない」だの、いわれのない非難を受けることもあります。

第1回では、このギスギスした今の日本を救うのは、いろんなものを見失っている私たちに希望や安らぎを与えてくれるのは、コシがない伊勢うどんだということを強く訴えさせていただきました。

今回は、伊勢の町で伊勢うどんがいかに愛されているか、伊勢うどんの伝統がどのように守られ、どう発展してきたかを見てみましょう。

「昔は、伊勢うどんやのうて、ただ『うどん』と呼んどったけどなあ……」
伊勢に生まれ育った50代以上の人に伊勢うどんの話を聞いていると、ほぼ必ず、ちょっと遠い目でそう教えてくれます。「素うどん」「並うどん」とも呼ばれていたとか。

伊勢の人たちが「自分たちが食べているうどんは、よそのうどんとは違うらしい」と気づいて、「伊勢うどん」という呼び方が広まり始めたのは、昭和40年代のこと。伊勢のうどんが近代的自我に目覚めて、他者の目を通して自己を認識しました。いや、よくわからないのに難しい言葉を使ってみただけです。意味が通ってなかったらすいません。

「組合のほうから、毎年『献立表』が配られるんですけど、いちばん右側のメニューが『うどん』から『伊勢うどん』に変わったのは、1972(昭和47)年のことです。ウチの親父が組合長をやっとって、みんなを集めて変えることを決めたと聞いてます」

そう語るのは、伊勢市河崎で1945(昭和20)年から続く「つたや」の二代目で、現在の伊勢市麺類飲食業組合組合長である青木英雄さん。

同店には過去に組合から配られた献立表が残っています。写真は1973(昭和48)年のものですが、「昭和47年のは、どこ行ったかなあ。テレビの人が持ってったかなあ」とのこと。テレビの人、早く返却してあげてください。

上は、うどんから「伊勢うどん」になりたての頃の献立表。
1975(昭和50)年ごろまでは、組合が統一の価格を決めていたとか。
下は、タレを作るかまどと青木さん

この「つたや」の伊勢うどんは、かまどに薪をくべて、5時間かけて炊き上げるタレが自慢。極上の昆布やアジなどの煮干、カツオ節を使ってダシを取り、たまりを加え、ざらめやみりんを加えて味を調えます。「最後に、薪の中に置いてあった鉄板をさっと入れますんや。そうすると、臭みが消えて香りがようなりますんでな」(青木さん)。できあがったタレは、一晩寝かして味をなじませてから使います。

「最近は、休日はほとんど県外からのお客さんですなあ。『前に食べた伊勢うどんと、ぜんぜん違う』と驚かれることも、ようあります。おかげさんで伊勢うどんが伊勢の名物っていうのはずいぶん知られるようになったけど、正直、観光客相手にええかげんなもんを出す店もありますでなあ。それで悪い印象を持たれてしまったら悲しいですなあ」

青木さんだけでなく、老舗のうどん屋さんからは、こうした声がよく聞かれました。万が一、伊勢うどんに悪い印象を持ってらっしゃる方がいたとしたら、それはきっと「ええかげんなもんを出す店」に入ってしまったからに違いありません。ぜひ、ふたたび伊勢を訪れて、ちゃんとした伊勢うどんを体験していただければと思います。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
ケイクスカルチャー

石原壮一郎

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません