第16回】通信費革命! 格安携帯電話で節約する

ここ数年、家計カウンセリングのときによく話題になるのが「格安携帯電話」。基本料金が非常に安い携帯電話を利用して、通信費を大幅に削減しているお客様が増えたのです。とはいえ、データ通信の接続速度や通話品質が気になり、なかなか手を出せないという方も。そこで、実際に横山光昭さんも利用してみました。

通信費は革命が起こっている!?

誰もが携帯電話を持つ時代、その通信費を節約することは重要なテーマだ。しかし、docomo、au、doftbankなど主要携帯電話会社の通信費はおおむね横並び。基本料金を1社が安くしたり、新しいプランをだせば、右にならえのように同じようなプランが発表されてきた。どこの会社と契約しても、支払う料金にはそう大きな差はなかった。

しかし、最近は状況が変わってきた。携帯電話会社などの電波を借りて通信させる、「MVNO(Mobile Virtual Network Operator)」というものが少しずつ周知されてきた。これは携帯電話などの無線通信インフラを自社で持たずに、他社のインフラを借りて音声通信やデータ通信のサービスを提供する事業者のこと。他者のインフラを借りることでさまざまな事業者が参入し、低料金のサービスを実現している。MVNOが提供するのはデータ通信サービスだが、IP電話サービスも申し込むことで音声通話も可能になる。

基本料金が数百円から1000円程度でデータ通信ができ、会社によってはナンバーポータビリティで090または080の携帯電話番号も持てる場合もある。サービスは数年前よりも広がり、取扱会社も増えている印象だ。

実際、家計相談の場面ではこのような携帯電話の持ち方に変えました、という方が増えている。仕事で携帯電話が重要という方は切り替えには慎重になると思うが、さほど重要ではないお子さん、おじいちゃんおばあちゃん、主婦の方が多く切り替えている。そしてみなさん一様に「特に不便はない、むしろ料金が安くて助かる」とおっしゃる。

そんなお客様の姿を見て、私もMVNOに興味を持ち、実際に使ってみた。

MVNOを使ってみた

使ってみるにしても、まずはどういう端末があり、どういうMVNO会社があるのかがわからなかったので、下調べから始めた。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
家計再生コンサルタントの本音

横山光昭

家計再生コンサルタントとして過ごした15年近くの日々。ファイナンシャルプランナーとしての一面を持ち合わせながら、借金だらけの家計から、貯金を作りたい・増やしたいという家計まで幅広くサポートしてきました。その経験から、感じたこと、考えた...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

hossy000 携帯料金は見直したいね〜 3年以上前 replyretweetfavorite

ftm_pyonkichi 参考にします。 3年以上前 replyretweetfavorite