SMAPが切った最後の切符「森且行からの手紙」

武田砂鉄さんの芸能時評、今回は元SMAPのメンバーであり、元オートレーサーの森且行を取り上げます。先日のフジテレビ「27時間テレビ」で、SMAPに感動の手紙を送ったことが話題になりました。かつては芸能界のタブーとして、その名前も出すことがはばかられた森の存在。それを全面に押し出した演出から、武田さんはなにを感じ取ったのでしょうか。

SMAPと浜崎あゆみに共通する「取り扱いにくさ」


のっけから読点や助詞が続く読みにくい文章で恐縮だが、今現在の浜崎あゆみとSMAPに共通点があるとすれば、長丁場の歌番組の最後の最後で必ず「満を持して登場」するけれど、それが本当に満を持しているのか疑わしい、と周りの皆が思っている、という点だ。

今、この「満を持して登場」を文句無しで背負えるのが嵐であり、あるいはB’zやサザンといった滅多に出てこない大物なのだが、浜崎やSMAPというのは「旬」と「大物」の間でさまよいつつも明らかに「大物」寄りでさまよっているから、取り扱いがとことん難しくなる。まだしも「旬」寄りに認識されている人ならば少々大物感が急造っぽくても気にならないものなのだが、どう転がっても明らかに大物寄りなものだから難しい。誰にだってやってくるキャリアの下り坂を感知した際の措置として、あまりメディアに出ずに希少性を高めることで大物感の醸成を早める、という技がある。しかし双方共にそれをせずに何かとメディアに出てくるものだから、ファン以外の人たちにしてみれば常に供給過多となり、大変恐縮ながらもう少しお控えなさるべきでは、という助言をしたくもなる。事実、この双方には「いつまでやるの?」という辛めの突っ込みがあちこちから放たれ続けているわけである。

ひとつだけの花が咲いているようには到底見えない

マンガ家の久保ミツロウがSMAPについて、昔は「誰がいいか」を議論したけど、今は「誰に共感できるか」を議論してしまうと言っていて、なるほどSMAPの存在意義はこうして保たれているのかと気付かされた。忙しすぎて滅多に全員揃うことがなかった全盛期のころ、彼らは全員が揃うことを「SMAPする」と呼んでいた。嵐に漂う友達感覚はどこか高校生っぽいし、TOKIOの同僚感覚は「同じ釜の飯を食う」ことを大切にしてきた昭和の中小企業っぽいのだけれど、片やSMAPは、嵐やTOKIOのように仲睦まじく全員が揃っているのを常態とせずに、方々から集うこと自体をひとつの特別な出来事として見せてきた気がする。『SMAP×SMAP』は長年続いているが、(基本的には大物)ゲストを相手にするという演出上、あまりグループとしてのコミュニティ感を漂わせはしない。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

cakesの人気連載「ワダアキ考」、5人の書き下ろしを加えてついに書籍化!!

この連載について

初回を読む
ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜

武田砂鉄

365日四六時中休むことなく流れ続けているテレビ。あまりにも日常に入り込みすぎて、さも当たり前のようになってしったテレビの世界。でも、ふとした瞬間に感じる違和感、「これって本当に当たり前なんだっけ?」。その違和感を問いただすのが今回ス...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

takchaso |ワダアキ考 〜テレビの中のわだかまり〜|武田砂鉄|cakes(ケイクス) 文うまあ https://t.co/rnf2Gauwjh 3年以上前 replyretweetfavorite

kayli_aikawa https://t.co/49L7RixSY4 3年以上前 replyretweetfavorite

molen5panda  同意しかねる部分は多々あるが、ひいた立場でみたならば、こういう視点もあるのだな、という注意点。 3年以上前 replyretweetfavorite

tajcmkfcmdpcegb 武田鉄矢じゃないんだね。 3年以上前 replyretweetfavorite