go to school? それとも go to "the" school?

the や a, an といった冠詞をどんな時につけるかというのは実に悩ましい問題ですが、もっと悩ましいこと、それは、「どんな場合には冠詞がつかないのか?」です。今日はこの「冠詞がつかないケース」について考えてみましょう。

 さて、これまで数回に渡って、定冠詞 the、不定冠詞 a, an、そして前回は限定詞という考え方を紹介してきました。また、some や any、あるいは my とか Tom’s といった所有格などについても説明しました。

 今日は「ゼロ冠詞」についてです。限定詞も冠詞も一切つかないケースについて考えてみたいと思います。

おさらい〜固有名詞には冠詞がつかない
 冠詞がつかない時ってどんな時でしょう? まず真っ先に思いつくのが、人名とか地名といった固有名詞です。中学で一番最初に習いますよね。Tom, Hiroshi, New York, Tokyo, などなどです。もちろん The United States of America みたいな例外もありますが、それはあくまで例外。固有の名前がついていれば、識別の必要がありませんから、これには冠詞がつかないわけです。

一般的、包括的な対象を指し示す場合
 次に、一番の肝についてお話しましょう。ゼロ冠詞の一番よくあるケースです。

 文脈の中で「これだ!」と特定しない場合には、「名詞の複数形」か「数えられない名詞」使い、冠詞は用いない。

 えっ?意味が分からないって? 一般的、包括的なカテゴリーのようなものを指し示したいときには the も a つけない。そしてdog とか apple とか car みたいな数えられる名詞なら、複数形にする。water とか information みたいな数えられない名詞なら、そのまま使うんです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

kmiya_69 後半中々難しい(>_<) 4年弱前 replyretweetfavorite

_DSCH 本来、ロジカルなはず。次回以降、脱落しないように; 4年弱前 replyretweetfavorite

ISU_instant また目から鱗が。そして次回の時制の話はめさめさ楽しみ! 4年弱前 replyretweetfavorite

measuringspoon 更新されるのを楽しみにしているコラム。 https://t.co/zk04sqNyms 4年弱前 replyretweetfavorite