推し変は死罪にあたるか?

長くアイドルヲタを続けていくにつれ、恋人から娘へ、娘から孫へ……とアイドルとの向き合い方が「おじいちゃん化」していくヲタの実態とは? また、アイドルヲタなら誰しも経験したことがある「推し変」は、死罪にあたるのだと語る相沢直さん。はたして、その真意はいかに?! 自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』を発売した「神聖かまってちゃん」の敏腕マネージャー劔樹人さんと、ラジオやテレビの構成作家として活躍する相沢直さんのアツいアイドル対談です。

やさしいジイさんか説教オヤジか

相沢直(以下、相沢) そういえばこの間、男性アイドルヲタも女性アイドルヲタも、長くヲタやってると思想的に似たような感じになってくるなって思ったんですよね。この前、50歳くらいのジャニーズヲタの女性に仕事で会ったんですけど、業界背負ってるっていう自負があるんですよね。老舗感というかね。あとは、アイドルから貰ったものが多いから返したいっていう意識があるっていうか。アイドルに対して恋人を見る目線じゃ、もはやないんですよ。

劔樹人(以下、劔) うん。

相沢 孫を見ている感じに近いというか。

 ハハハ。

相沢 年齢的にはあれだけど、娘っていう感じじゃないんですよね。達観してるっていうか。

 神っぽくもあるのにね。

相沢 もちろんもちろん。人間としてのステージは確実に向こうの方が上っていうのがあるし。30ステージくらい差があるんじゃないですか。

 そうそう。

相沢 恋愛対象でもないし、なんというか、娘がやんちゃしたときに父親が叱るという感じでもないし。またやっちゃったよっていう感じで見ているというか。

 お父さんなら叱るべきところを、おじいちゃんだとそこも可愛く思えちゃうみたいなね。

相沢 うんうん。

 けど、たまに父親的な人もいるよね。

相沢 いますね。

 「こうしたほうがいい」とかいらんアドバイスしたりね。

相沢 そうなんですよ、どぅー(工藤遥)に「ロングヘアーにしろ」って言ったりね。ショートが可愛いからどぅーなのにっ!って、すごい思いますよ。しかも本人が「絶対髪の毛伸ばさない」って言ってるのにですよ! ふざけるんじゃないよ!

 (笑)。よかれとは思ってるんですけどね。

相沢 人気を出したいとかいう気持ちがあるんですよね。確かにショートカットのままだと限界があるっていうのもわかる……、ただ、俺はショートカットのどぅーが好きなんですよ! じゃあいいじゃんっていうことですよ!

 キャバクラ嬢を説教する親父と同じ感覚だよね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
アイドルは神であり、孫である!

相沢直 /劔樹人

「神聖かまってちゃん」の敏腕マネージャー、劔樹人さんの初の書籍となる自伝的コミックエッセイ『あの頃。男子かしまし物語』が、5月24日にイースト・プレスから発売されました。 同書は、2000年代初頭から数年間を過ごしていた大阪市阿倍野区...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

mapiction なんだこの尖ったタイトルは…! 3年以上前 replyretweetfavorite