海外で働くのに必要なスキル【第3回】以心伝心という名前の黒魔術はやめろ

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているMay_Romaさんが、日本でしか生きられないと思っているあなたの常識を打ち破る痛快コラム。日本では美徳とされる、「以心伝心」は、海外では黒魔術!? 海外で働く人も日本で働く人も自分を見つめ直せる&抱腹絶倒の回です。

前回のコラムで「言葉で表現できる人間になれ」と書きました。「以心伝心」、つまり、「ツーと言えばカー」、夫婦の会話が「あーうー。お—」と痴呆老人の会話のような日本では、「以心伝心」は「美徳」であります。

 

バーコード禿で足が臭い山田部長の「君、これね、あー、あのね、プロジェクト、あれ、その、完璧?」というお言葉からは

「吉田君、君あのモスクワのプロジェクトの件だけど、バリュープロポジションの計算は3月15日までに終わっていて、先方の顧客の説得は終わっておるのかね? ついでに地元の経済局のルシュチェンコも買収しておけよ。俺、4月の頭に出張行くけどその時に奇麗どころも用意しておいてよ。ああ、ホテルはね、この前と違う所で頼むよ。あと通訳は外大出で美人のナターシャで頼むね。俺さ、家では毎日カミサンに怒鳴られてて息子もぐれてるからロシア行く時ぐらいは楽しくやりたいのよ、でよ、このプロジェクト、お前の次の査定にばっちり響くからさ、毎日朝2時までかかってもちゃんとやれよ」

という「部長が真に意味することを読み取る」という、全盛期のユリ・ゲラー氏も真っ青な読心術が駆使できてこそ、日本では「優秀なサラリーマン」と評価されるわけです。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
世界のどこでも生きられる

May_Roma

海外居住経験、職業経験をもとに、舌鋒鋭いツイートを飛ばしまくっているネット界のご意見番・May_Romaさん。ときに厳しい言葉遣いになりながらも彼女が語るのは、狭い日本にとじこもっているひとびとに対する応援エールばかり。日本でしか生き...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード