オリーブ』のコスプレおめかし

『ユーミンの罪』が好評の酒井順子さんが、雑誌『オリーブ』とその時代、女の子達に与えた影響を分析します。今回は『オリーブ』が、かなり過剰、ときに奇矯とも思えるファッションを打ち出していた背景について考察します。
この連載に、新たな書き下ろしを加えた『オリーブの罠』 (講談社現代新書)が発売されました。マーガレット酒井先生が復活する「元オリーブ少女&少年の面接時間」全4回も収録! オリーブの罠、とは何だったのでしょうか?

おしゃれにおける競争原理

 『オリーブ』からのメッセージは、
「おしゃれに気を遣うべきは、外見のみに非ず。生活の全てをおしゃれ化せよ」
 というものだけではありませんでした。
「現状に満足するな。常におしゃれの研鑽を積んで、他の誰よりもおしゃれになれ!」
 ということも、『オリーブ』が強力に発信し続けるメッセージだったのです。

 前回紹介した「おしゃれ友達」という単語は、おしゃれについて語り合ったり、情報交換ができるような友達という意味。しかし『オリーブ』における「おしゃれ友達」とは、ただ仲良くするだけの相手ではありません。
 それがよくわかるのは、一九八四年二月に発売された第三十九号です。この号は、第三十五号で「リセエンヌ」という概念が登場して以来初のリセエンヌ大特集で、大規模なフランス取材も決行した模様。エッフェル塔をバックに二人の少女が立っている写真が表紙です。


『オリーブ』 1984年2月18日号

 最初のグラビアは、本場パリの三人のリセエンヌが日本のブランドの服を着るというものなのですが、そこに記してあるのが、
「おしゃれ友達は、おしゃれライバル。刺激的です」
 という一文。管見では、これが『オリーブ』における「おしゃれライバル」という単語の初出。オリーブ少女が目標とすべきおしゃれなリセエンヌは、このように切磋琢磨しているのだ。であるならば日本のあなた達がするべきことは……、わかっていますよね? というムードの中でページをめくれば次は、
「オリーブ少女が勉強したい、リセエンヌのおしゃれ手帳」
 というグラビアが。
「さあ、オリーブ少女もリセエンヌに迫っちゃおう」
 という文言は軽いけれど、「リセエンヌに追いつけ追い越せ」とあおる様は、まるで明治維新後の日本かそれとも敗戦後の日本か、という感じ。

 このようにオリーブ少女達は、おしゃれにおける競争原理を徹底的に叩き込まれております。最終目標はリセエンヌであるわけですが、しかし普段の生活環境にはリセエンヌは存在しないので、そこで登場するのが、身近にいる「おしゃれライバル」。
 一九八四年の第五十二号では、人気キャラクターズブランド「Scoop」のタイアップページで、
「しかめっつらでにらめっこ、おしゃれライバルだよ」
 という文章が。やはりキャラクターズブランド「PERSON’S」のタイアップページには、
「友達と会ったら、パーソンズおしゃれ 競い合い!」
「大親友だってライバル! おしゃれ仲間は、みんな、目立つの大好き。」
 とあります。

ブルマーにも果敢にチャレンジ

 ブランドのタイアップページだからこそ、読者の消費意欲をあおるために「ライバル」「競い合い」といった単語を使用しているのかといったら、さにあらず。広告以外でも、『オリーブ』では、様々な競争ワードを使って、しょっちゅう「よりおしゃれなものを身につけて、友達より優位に立て」とオリーブ少女達に語りかけているのです。『オリーブ』は他の少女誌と比べても、最も物質主義的、かつ好戦的な雑誌であったと言えましょう。

 秋も深まった頃の号では、
「秋とびこえて、雪模様のセーターいちばん乗り!」
 と、「誰よりも季節を先取りせよ」と尻をたたきます。そして、
「ボーイフレンドと待ち合わせのカフェテラスで、いちばんおしゃれな女の子が、わたし!」
 という文句は、やはり「色気などでなく、センスでナンバーワンとなって男の子にアピールしろ」と説く。男の子の気持ちは、そこでは考慮に入っていません。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
オリーブ』の罠

酒井順子

『ユーミンの罪』が好評の酒井順子さんが、雑誌『オリーブ』とその時代を振り返ります。この連載に、新たな書き下ろしを加えた『オリーブの罠』 (講談社現代新書)が発売されました。マーガレット酒井先生が復活する「元オリーブ少女&少年の面接時間...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

gendai_shinsho 「バテレン……?」と思われてもなんのその。ひたすらチャレンジングなおしゃれを推奨したのが 3年以上前 replyretweetfavorite

peonia90 衝撃!「おめかし」は昭和の名残とバブルの産物なのか!?だから行く場所で服を変えず、皆カジュアルウェアで何処でも出かけるのね。ただの田舎者だと思ってた。 3年以上前 replyretweetfavorite