フィットするフェス飯

野外音楽フェス・フジロック2014に18歳から参加し続けているSumally代表の山本憲資さん。今年も参加し、音楽とともに各地から集ったフェス飯を堪能してきたそうです。自然の中に鎮座する石釜では、兵庫のピザの名店が石釜ピザを振る舞い、会場外にあるちゃんこの名店では、座敷で老若男女が鍋をつつく。フェスならではのご飯の楽しみ方をご紹介します。

フジロックに毎年出店している兵庫にあるピザの名店

先月末、今年もフジロックに行ってきた。18歳から毎年行き続けており、数えてみると15回目の参加になる。当たり前ではあるが、音楽を聞くためにはるばる新潟・苗場まで行っている。だが、年々その目的における比重は音楽以外の部分が大きくなってきている。自然の中でのライブが楽しいこと前提なのはもちろんなのだが、そう、飲んだり食べたりがとっても楽しい場所なのである。僕が毎年食べているものがいくつかあって、今回はそれらを紹介したいと思う。

一件目はピザ。フィールド・オブ・ヘブンというメインから離れたステージエリアに毎年「さくらぐみ」という兵庫県・赤穂のピザ屋が屋台を出店している。震災の年は被災地にピザを焼きに行っていて出店されなかったが、それ以外は毎夏フジロックに石窯をもって店を出しているという強者ならぬ”強屋台”である。もう長らく食べ続けていることもあって、山の中のフェス会場で石窯ピザが食べれようともちっとも驚かなくなったが、当初はびっくり感激したものである。今年はフジロックに初参加というcakesの加藤さんにもオススメしたところちゃっかり召し上がっていて「あれはフィットするピザですよ」と喜んでくれた。ちなみに去年一緒に来た後輩女子は、山道に生えるバジルを摘んでセルフでトッピングするというなかなかトリッキーな楽しみ方をしていたなぁ(ちなみにお店の人にも褒められたとのこと)。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
フィットする晩餐

山本憲資

世界中の人の「欲しい」と「持っている」で繋がるウェブサービス「Sumally」の代表である、山本憲資(やまもとけんすけ)さんの連載がスタートしま す! 32歳という若さにして、膨大な数のレストランに通い、「食」にただならぬ情熱を注ぐ山...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません