魚谷資生堂は何を「改革」するのか?

社内の各ブランドに商品の開発や企画、広告宣伝などを独立して行わせ、社内競争を加速させる「ブランドマネージャー制」を導入すると発表した資生堂。株式市場はこの組織改革を評価していますが、川上さんはこの決定に大きな疑問をもったそう。そもそも、「ブランドマネージャー制」のメリット・デメリットとはどのようなものなのでしょうか? そして、日本の化粧品業界にしのびよる変化の波とは?

7月18日、資生堂が10月からブランドマネージャー制度を導入するという発表がありました。あわせて、ブランドマーケティングの経験者100人を採用するとのこと。

資生堂が10月からブランドマネージャー制を導入、100人の経験者採用へ

この発表のあった週は、月曜日から資生堂の株価がぐんぐんと上がり始め、水曜日にはついに年初来高値を更新。発表後も株価は安定的に上昇しており、株式市場は資生堂の新組織体制を評価しているように思えます。

ブランドマネージャー制は「コスト効率の悪い仕組み」

しかし、率直に言えば私は、このニュースを聞いて頭の中にいくつもの「?」が浮かびました。ブランドマネージャー制が今の資生堂に必要な仕組みだとは、あまり思えなかったからです。

マーケティングを勉強したことのある人ならご存じだと思いますが、「ブランドマネージャー制度」というのは、それぞれの製品やブランドごとに商品の開発・企画から広告宣伝・販売まですべての責任を負う「ブランドマネージャー」を置き、開発や生産、広告、営業といった社内の機能部門は、それぞれのブランドごとのブランドマネージャーの指示を受けて動く「コストセンター」となる仕組みです。日本では、松下電器の松下幸之助氏が考案したとされる「事業部制」がそれに最も似た制度と言えるでしょう。

ブランドマネージャー制の優れた点は、1つの製品やブランドごとに、顧客が何を求めているか、それをどのように製品のかたちに落とし込み、マーケティングすれば最も良く売れるかを、1つの組織が最初から最後まで収益責任をもって考えなければならないところにあります。つまり、企業内のさまざまな部署に受け渡されるたびに製品やブランドのコンセプトが丸められたり曲解されたりすることなく、ブランドの知覚価値の伝達をしっかりとコントロールできる、というのがその良さです。

一方、収益性の議論が製品やブランド単位で完結してしまうことが多いため、複数のブランドが似たような性能や品質の開発で別々に投資したり、広告の枠の買い付けで社内の他ブランドと競争入札してコストがつり上がったりと、企業全体で見た時のコスト効率は悪化するという弊害も生じます。

成長の見込める市場でトップシェアでないと導入メリットがない

したがって、ブランドマネージャー制の導入は、次のような条件が成り立つ場合にメリットが大きくなります。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
R30::リローデッド

川上慎市郎

グロービス・マネジメント・スクールでマーケティングを教える川上慎市郎さんが、若手ビジネスパーソン向けに、マーケティング、メディア、そして教育について、深くやさしく解説をします。かつて有名ブログ「R30::マーケティング社会時評」を運営...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

tamaten_ 資生堂の狙いは、新しいブランドを発掘したいんだろうね。それだけ飢えている。ソニーも同様の仕組みを導入する価値はあると思う。 約4年前 replyretweetfavorite

blogucci 資生堂のブランドマネージャー制度導入に関する考察で大変面白いです。意見は人によって部分的に異なるでしょうが論点がわかりやすい 約4年前 replyretweetfavorite