優秀なキュレーターかつプラットフォームであれ【合コンで競争戦略論を学ぶvol.3】

これだけは押さえておきたい、新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。今回はビジネスパーソンの絶対に負けられない戦い・合コンから競争戦略について学びましょう。
解説する用語:“ネットワーク外部性”、“プラットフォーム戦略”、“キュレーション”
(イラスト:エモリハルヒコ)

28 ネットワーク外部性(戦略論)

◇本来の意味◇

ネットワーク外部性とは、製品やサービスにおいて、利用者が増加すればするほど、その利益や利便性が向上していく特性のこと。たとえば、スマホの無料通話アプリはいくつもあるが、LINEのように利用者が多いものほど、より多くの人と会話できてサービス本来の価値は高まるし、公式アカウントやスタンプ、ゲームが豊富になって、ますます利用者が増えていく。

◆モテビジ解説◆

その日の会の終了が、すなわち合コンの終了ではありません。たとえ参加者の中にタイプの子がいなかったり、個別デートに持ち込める人がいなくても、そこであきらめたり、急に態度を悪くしてはいけません。なぜなら、その日の合コンの参加者は、次回の合コンの参加者を紹介してくれる強力なパイプ役になるから。その子本人は好みじゃなくても、二次会まで丁重にもてなし、番号交換をして、長期的に良好な関係性を構築しておくことで、今後の出会いのネットワークが広がります。つまり、乱暴な言い方をしてしまえば「その日ヤれなかった女とも、仲良くしておけ」ということ。合コンは回数を重ねれば重ねるほど出会いのチャンスが向上していく、ネットワーク外部性を持っているのです。

29 プラットフォーム戦略(戦略論)

◇本来の意味◇

プラットフォーム戦略とは、他社がそれを利用して製品やサービスの提供を行えるような「プラットフォーム=土台」の仕組み自体を提供する戦略のこと。Windows、楽天市場、Facebookなどに代表されるように、ユーザーが集まることでそのプラットフォームを利用したサービスが増え、それを目当てにさらにユーザーが集まるという相乗効果で、シェアの拡大生産を繰り返す戦略。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
モテるビジネス用語

小石ヤマ

これだけは押さえておきたい! 新人ビジネスパーソン必見の“超訳”ビジネス用語。某有名企業に勤める著者が、マストで身につけるべきだけどなかなか覚えられないカタカナ言葉を、男女関係にからめて解説します。身近な恋愛ネタだから簡単に覚えられ、...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Tweetがありません