東中野「ロムアロイ」【飲み食い編】—現地よりうまい! どっさりハーブのタイ料理にはあはあ!

ツレヅレハナコが偏愛する名店をご案内する「寝ても覚めても好きな店」。四軒目は、「もうタイ料理店は、ココさえあればいい!」と言い切りたくなる東中野「ロムアロイ」です。小さな古いアパートで作り出されるとは思えない、繊細かつ華やかなハーブどっちゃりタイ料理をどうぞ!




「東中野に、ものすごい店を見つけたよー。
いろんなハーブをどっさり使った、とんでもなくおいしいタイ料理!」。
そんな情報を、中央線の食いしん坊番長・Kちゃんから聞いたのは3年ほど前。
「彼女が言うなら間違いないだろうな~」。
そんな気持ちで連れて行ってもらったのが、「ロムアロイ」との出会いだった。

タイは、私が最も訪れている大好きな国で、
子供のころからの訪問を合わせれば20回以上は行っているはず。
おいしいですよねー、タイ料理。

でもね。
おどろいたことに、タイで食べたどの料理よりも「ロムアロイ」の方がおいしい。
もちろん、日本で食べた、どのタイレストランの料理よりも!


いやー、すごいのですよ。
古いアパートを改築したような、カウンターだけの小さなお店。
その中で、たったひとりで料理をつくるのが店主のヌディンさん。

日本人のご主人を持つヌディンさんは、日本語ペラペラ(多少あやしいけどw)。
「テヌキハ、シタクナイノ。オイシクテ、カラダニイイモノヲ、ツクリタイノ」。
それが口ぐせの彼女が作る料理は、
滋味深くて、華やかで、独創的で、信じがたいほどおいしい。

タイ料理にはお約束の化学調味料を一切使用せず、作れるものはとことん手作り。
毎日来る常連サラリーマンのお客さんには「カラダニワルイカラ」と、
週に3日までしかカレーを出さないってのもすごいw
(カレーに使うココナッツミルクって、カロリーもコレステロールも高い!)

ともあれ、あのハンパのないハーブの量と使い方……。
ハーブ好きには、まさに天国のような店です。

多少、レストランへ行っていれば、
原価のかけ具合や、手間を含んだコストパフォーマンス感は察するもの。
ヌディンさんの料理は、原価かけすぎ、手間かけすぎ。
あの料理で、あの料金はあまりに安すぎるよー!

ただし。
作り置きはせず、一人でイチからつくるので、料理が出るのにかなり時間がかります。
通常メニューの種類は少ないし、
予約制の「おまかせコース」にすれば気まぐれ具合も半端ない。
(「コッチノホウガ、オイシイカラ。ツクリタカッタ」と、
いきなり約束と違うメニューになることもしばしば。油断大敵w)

お酒もシンハービールしかないし(規定料金で持ち込みOK)、
予約の携帯番号は基本的に非公開(今回は、「ノセテイイヨー」と言われたので公開)。
ヌディンさん自身が「イヤダナ……」と思ったお客さんには超無愛想だし(汗)、
そのまた逆で好きになったお客さんには「ダイスキ!」と心づくしのサービス……。

でもでも。
それでも予約をとりたくなるし、
「いいよー。ヌディンさんの好きに作って」と言いたくなる。
彼女の作るものすべてを食べてみたくなる不思議なお店。
魅惑のヌディンワールドを体験すれば、
「もうタイ料理屋は、ココだけあればいい!」と叫びたくなるはず!


<ある日のツレヅレ飲み食い>


 *「ロムアロイ」は通常メニューもありますが、
  予約制の「おまかせコース」だとメニューの種類が豊富。
  そんなわけで、今回は数日分の飲み食いからダイジェストでご紹介します。
 *中には通常メニューも一部含まれていますが、

  突然行ってもないものがほとんどなので注意。
  食べたいものがあるときは、事前に電話で相談してみましょう。

まずは、シンハービールでカンパーイ。

ヌディンさんは忙しいので、ひと声かけて冷蔵庫から勝手に取りましょう。
お会計は、テーブルに残った瓶の数でカウントします。

ここに来たなら、絶対に食べるべきは生春巻き。
まずは、この美しさをご覧くださいませ……! 

ゴテゴテした盛りつけではなく、
シンプルなのに華やかでオリジナリティがある。わおー。

驚くのは、その食感。
一口噛めば、むっちむっちむっちむっち……。
なんなのかしら、このムチムチ感。
「これでもか—!!!!」ってくらいギューギューに具を巻いてあるので、
一瞬歯を押し返すほどの弾力。

中には数種類のハーブが入っており、複雑な風味がぶわっと。
そこに、しっとりした肉類や海老、米麺、生野菜が加わる。
日によって具は違えど、ハーブ類のパンチ力は変わらない。
砕いたナッツがどっさりかけてあり、スイートチリとからめながら食べます。

ラープも定番メニュー。

定番とはいえ、日によって全然違うものが出てくるのですが、
この日は、「ヒキニクジャナクテ、ニクヲタタイテツクルネ」だそうで。
炒めた肉のうま味を吸った春雨に、大きな海老、もちろんハーブ類。
たっぷりの生野菜が添えてあり、キャベツの葉でつつんで食べる。
う、うんまーい!!!!
 

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
寝ても覚めても好きな店♡

ツレヅレハナコ

ツレヅレハナコが、大好きなお店の大好きな1品を習ってくる連載。もちろん、教えてもらうのは「大好きなお店だからもっと知りたい、家でもつくりたい!」ものだけ! おいしいメニュー満載の「飲み食い編」と秘蔵のレシピがくわしくわかる「レシピ編」...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード