集合知」のつくりかた

勉強もスマホでさくっとすませる未来がやってくる

ルイス・フォン・アンさんが考案した言語学習プラットフォーム「Duolingo」は、学校の教室で利用されるなど、アメリカでその影響力を拡大しています。そんなルイスさんに、茂木健一郎さんが教育の未来について聞きました。一部のエリート以外はみんなモバイル端末で勉強するようになる? Duolingoの学習効果を、先生に1対1で習うのに匹敵するレベルまで引き上げたいと語るルイスさんのもつ野心とは。

Duolingoを34時間やるだけで、大学の授業1年分の勉強ができる

茂木健一郎(以下、茂木) Duolingoの学習効果は、学校での伝統的な読み書き学習におけるアプローチに比べてどうなんですか?

ルイス・フォン・アン(以下、ルイス) ニューヨーク市立大学とサウスカロライナ大学の教授たちが、Duolingoの学習効果について研究をした結果があります。それによると、Duolingoを34時間使って学んで得られる読み書き能力は、130時間以上の大学の初年度1学期分の言語講座で得られるものに匹敵すると推定されました。

茂木 すごいですね!

ルイス でも、当然といえば当然なんです。普通の学校でおこなわれる授業を想像してみてください。学校の先生は1年間クラスの生徒を教えて、そこで得たフィードバックをまた次の年にいかします。今年は助動詞をこういう方法で教えてみたが、来年はこうしてみよう、といった具合です。つまり、改善のサイクルをまわすのに1年かかるんです。

茂木 農作物の品種改良のようなことをおこなうわけですね。

ルイス そうです。これはとても遅いと思いませんか。その上、クラスの人数分というごくわずかなデータしか取れません。さらに、もし新しいメソッドを厳密に比較するならば、2つのグループ間で他の条件をまったく同じにして施行してみなければいけない。でも、リアルな教室の授業でそれは不可能ですよね。オフラインの教育は、改善が難しいんです。

茂木 なるほど、たしかにそうですね。

ルイス でも、Duolingoはとても早く改善することができます。例えば、「食べもの」に関する単語を「動物」に関する単語より教えるべきかどうかを知りたいとします。その場合、私達は一部のユーザーにテストしてみることができるんです。2.5万人に食べものを動物よりも先に教え、別の2.5万人には動物を食べ物より先に教える。そうすることで、どちらがより学習効果が高かったかを測定することができます。Duolingoには何千万というユーザーがいるので、こういったテストに1週間以内で答えを出せるのです。そのあとは、すべてのユーザーに、より望ましい結果が出た方法で教えます。オフラインの教育と違い、改善のサイクルを数日や1週間でまわすことができるんです。

茂木 アメリカで、伝統的な教育に関わる人が「こういったアプローチは役に立たない」と批判するようなことはありましたか?

ルイス いえ、ありません。私達はオフラインのやり方に取って代わろうとしているわけではないからです。もしかしたら、最終的に置き換わっていくことはあるかもしれませんが、それは私達の目標ではない。私達の目標は、ひとりでも多くの人にDuolingoを通して外国語を学んでもらえるようにすることです。実際、アメリカの多くの学校ではDuolingoを使ってくれているんですよ。

茂木 教室で、ですか?

ルイス はい。先生は生徒にDuolingoをやらせ、質問を受けつけます。そういった意味で、先生の役割はまだまだ重要なんです。でもなぜ先生が自分で講義をするのではなくDuolingoをやらせるかというと、生徒一人ひとりが違うペースで学習を進められるからです。それはいい学習方法だと先生は考えているわけです。

アプリ学習が未来の学びの本命だ

茂木 ルイスさんは、将来の教育のあり方はどんなものになると思いますか? 例えば10年後などの展望をうかがいたいです。

ルイス 10年では今とほとんど変わらないでしょうね。10年以上の長いスパンで見ても、一部のエリート教育機関は変わらないと思います。

茂木 ハーバードなどは変わらないということですね。なぜエリート教育機関は変わらないのでしょうか。

ルイス アメリカのエリート教育機関だと、生徒は約20万ドルを払い、4年間通って教育を受ける。ここで得られるのはまず、その大学に入学したという経歴です。エリート大学の学歴という権威は強力で、おそらくこれからも残るでしょう。さらにエリート大学では、他の入学者とコネクションがつくれます。このコネクションは永続的に使えます。その中の誰かは大統領になるかもしれません。かなり貴重なつながりです。ブランドと人脈だけでも、エリート大学は20万ドル分の価値を提供できていると思います。ただ、他の大学は学費に対してそこまでの価値を提供できておらず、そういった大学は変わっていくと思います。

茂木 教育の内容としては、エリート大学でも学費に見合う価値を提供していない、と?

ルイス そうでしょうね。私もカーネギーメロン大学で授業をしていますが、20万ドルの値打ちはないと自覚しています(笑)。ただ、カーネギーメロン大学でコンピュータサイエンスの学位をもらうことには、大きな価値があります。それによって職を得ることもできますし。

茂木 アメリカでエンジニアとして働くには、必須ですからね。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
集合知」のつくりかた

茂木健一郎 /ルイス・フォン・アン

人間とコンピュータが協調して問題を解く「ヒューマン・コンピュテーション」の分野で数々の業績を残し、科学雑誌『ディスカバー』の「科学における最優秀頭脳50人(50 Best Brains in Science)」やポピュラーサイエンス誌...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

porpor35 「生徒一人ひとりが違うペースで学習を進められる」というのはポイント→ 約4年前 replyretweetfavorite

hidetwi https://t.co/4VH6UCWpsm 約4年前 replyretweetfavorite

tajcmkfcmdpcegb スマホでさくっと!スマホでさくっと! 約4年前 replyretweetfavorite

Tunica_Chiffon https://t.co/uJgkSJk4zp 一部のエリート大学に行くと学歴とコネクションだけで学費分の価値がある。他の大学は学費分の価値が無い。 約4年前 replyretweetfavorite