集合知」のつくりかた

無料で言語を学習させるだけで、世界中のウェブの文章が翻訳できる?

ただのゲームや単純作業を、文明の進化に寄与する壮大なプロジェクトに変換する天才、ルイス・フォン・アンさん。コンピュータの不正プログラムと人間を見分ける文字入力テストを、さらに書籍の電子化に役立てる「reCAPTCHA」も彼の発明です。そして「reCAPTCHA」の次に彼が取り組んだのは、「Duolingo」という言語学習のプロジェクトでした。どうやら「Duolingo」は、ウェブ上のあらゆるテキストを翻訳することにつながるらしいのですが……。どういったプロジェクトなのかを、茂木健一郎さんが明らかにしていきます。

足りない部分は、ユーザーの力を借りて改善していく

茂木健一郎(以下、茂木) あなたは今回、「Duolingo」というサービスを新しく開発したんですよね?

ルイス・フォン・アン(以下、ルイス) はい。Duolingoは言語学習プラットフォームです。iOSやアンドロイド対応のアプリ、そしてウェブサイト版があります。特徴は、言語学習をまったく無料でできること。料金を払う必要はありません。

茂木 なぜ無料のプラットフォームにしたのですか?

ルイス 世界には12億人の言語学習者がいます。そのうち8億人は英語を学んでいる。彼らが英語を学ぶ理由は、よい働き口を得るためです。つまり、今英語を学んでいる人には、あまり社会的・経済的地位が高くなく、お金を持っていない人が多いのです。だからこそ、私達はこのプラットフォームを完全に無料にしようと考えました。

茂木 ではどうやってマネタイズするのでしょうか。

ルイス そこが問題でした。でも解決策が見つかったんです。その方法とは、ユーザーが外国語を学びながら、世の中で使われている文を翻訳する仕組みをつくることです。その翻訳料でマネタイズをします。例えば、CNNは私達のクライアントです。CNNの英語で書かれたニュースを、スペイン語を母国語とする英語学習者数人に英語の原稿をスペイン語に訳してもらい、翻訳されたものを私達はCNNに渡す。そして、CNNから報酬をもらうんです。

茂木 すばらしいアイデアですね。翻訳については、機械翻訳が使える水準に達するだろうと考えている人が多いですが、私はそう思っていません。現状、機械翻訳はまだまだ使いものにならない。ユーザーによる翻訳の質はいかがですか? 許容できる程度? それともすばらしい出来ですか。

ルイス ニュースに関してはすばらしいクオリティです。法的文書に関してはそこまでではありません。まあそもそも、母国語で書かれた法的文書を理解するのも難しいですからね。

茂木 Duolingoは2012年の6月に一般公開され、2013年には教育アプリとして初めて、年間のiPhoneアプリ賞を受賞したそうですね。いま、ユーザーはどれくらいいるんですか?

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
集合知」のつくりかた

茂木健一郎 /ルイス・フォン・アン

人間とコンピュータが協調して問題を解く「ヒューマン・コンピュテーション」の分野で数々の業績を残し、科学雑誌『ディスカバー』の「科学における最優秀頭脳50人(50 Best Brains in Science)」やポピュラーサイエンス誌...もっと読む

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

Junko_Sasaki これはすばらしい!コロンブスの卵だけど確かにこれは効果的> 約4年前 replyretweetfavorite

hidetwi https://t.co/jYVbANL6Fw 約4年前 replyretweetfavorite

dekachiwa こっちをやってる。代替になるかな。 約4年前 replyretweetfavorite

RIME3726 これ、やっぱり面白いなあ…: 約4年前 replyretweetfavorite