被災地復興・移民・神話研究

山形浩生さんによる書評連載の第五回目も、写真集から被災地復興を論じたものまで取り上げる本は多種多様。紹介された主な本は、関満博『地域を豊かにする働き方』(ちくまプリマー新書)、初沢亜利『True Feelings』(三栄書房) 、藤巻秀樹『「移民列島」ニッポン』(藤原書店)、中牧弘允編『会社神話の経営人類学』(東方出版)、飯田泰之『飯田のミクロ』(光文社新書)、若田部昌澄『もうダマされないための経済学講義』(光文社新書)、畠山雄二『ことばの分析から学ぶ科学的思考法』(大修館書店)、ロレンス・ダレル『ムッシュー』(河出書房新社)です!

ぼくはいくつかの媒体で書評を書いているんだけれど、そうなると気になるのが、取り上げる本の重複だ。ぼくといえども、読める本の数は有限だし、その中で紹介したい本は限られている。一押しの本は、あっちでもこっちでも紹介したい……一方で、なるべく多くの本を紹介したい気持ちもあるし、また複数の媒体を見ている人に「あいつ、またネタを使い回してやがる」と思われるのもいやだし。なるべく書き方を変えて、同じ本を扱ってもちがう書評にしたいとは思うんだが。

次の本も、実は別のところで紹介することがほぼ確定している。といっても、メインの扱いではない。関満博『地域を豊かにする働き方』(ちくまプリマー新書)。関満博は、東京の大田区をはじめ中国、アジア、その他世界中の中小企業が集積しているエリアへ実際に足を運んで研究し、大くくりな理論ではとらえきれない現場のダイナミズムに常に注目してきたえらい学者だ。個別の企業もさることながら、それが地域の中でネットワークを形成し、多様なニーズや急な変化にもその組み合わせで対応できることが、日本やアジアの新興工業地域の活力を生んでいる、というのが彼の定番の主張だけれど、それを彼は安易な数理モデルなどではない、詳細な現場調査で明らかにしている。

地域を豊かにする働き方: 被災地復興から見えてきたこと (ちくまプリマー新書)
地域を豊かにする働き方: 被災地復興から見えてきたこと (ちくまプリマー新書)

彼の今回の本は、東北震災で破壊された東北地方の地域産業とその復興をテーマにしたものだ。そして、それは単に「被災してつらかったけど、みんながんばってます!」みたいなお涙ちょうだいではない。復興というのが、個別企業だけの問題ではなく、地域のネットワーク復活の問題なのだということを指摘し、そして従来の大企業誘致に頼る地域振興の持つ弱点、さらには被災地が以前から抱えていた過疎、高齢化、交通条件の悪さといった課題への挑戦として、復興の取り組みを考えている。工場が来て、雇用が出ました、原発が来て、補助金が落ちました、という構造自体が不健全なのだ、と。一次産業、二次産業、三次産業の各種産業が組み合わさり付加価値をつける、六次産業化の発想で、地元企業の連携を考えなければ、と。

さらにそれは、単に被災地復興だけの問題にとどまらない。日本そのものが、これから過疎(人口減)と高齢化にさらされる中、日本の今後の産業のあり方にまでヒントを与えてくれるものだ、と関は述べる。

震災復興の状況がわかればいいと思っていたら、たかが新書のくせにあれよあれよと話が広がる驚異的な本で、是非ともおすすめ。これを読んで感動したら—あるいは物足りなかったら—その元となった詳細なインタビュー調査記録『東日本大震災と地域産業復興』I&II(新評論)も一読を。被災地も変化が激しいので、最近の展開をとらえたIIから読み始めるほうがいいと思う。

あと、震災復興(またはその困難)をビジュアルに見せる本として、初沢亜利『True Feelings』(三栄書房) をおすすめしておく。震災から一年間、作者が毎月震災の現場に赴いて撮り続けた写真集。震災そのものの写真集なら山ほど出ているけれど、その後の人々の生活、震災の爪痕の中で立ち直り、異様な環境の中で平然と繰り広げられる生活、そしてまさに関満博の本で扱われている地域の状況を見せる写真集は、ありそうなものだけれど実はほとんどないようだ。ましてそれを経時的に追った写真集となると、これが唯一かもしれない(あるのかもしれないけれど、アマゾンの検索では見つからない。とはいえ、「東北 震災 写真集」で検索してみても、この初沢の本もひっかからないので、実はほかにたくさんあるのかも。ご存じなら是非ご一報を)。

ぼくも、たまたま宴会で友人に作者を紹介されなければ決して知ることはなかっただろう。悲惨や日常の停止を強調するでもなく、一方であまりに作られた「普通の日常」を強調するでもなく、異様な出来事の異様な痕跡を残す背景とそこで展開される日常のコントラストが、異様さと日常の両方を強調する。関満博の本に描かれた企業の活動する背景を理解するためにも是非どうぞ。なお作者は東北の被災地以外にも、米軍爆撃後のバグダッドや北朝鮮など、奇妙な場所に平然と出入りして、やはり非日常と日常の不思議なコントラストを撮り続けている。

さて、こうした地域産業ネットワークに関する先駆的な……研究というよりは着想を述べているのが、ジェイン・ジェイコブズ『発展する地域 衰退する地域』(ちくま学芸文庫)。精緻な研究ではなく、著者の直感をまとめた本で、必ずしも実証的でもなく、また個人的には少し不満もあるんだけれど、ポイントは関満博が主張しているのと同じで、数十年前にそれを直感的につかんでいたのはすごい。彼女は都市計画の分野を理論面でも実践面でもひっくり返した偉大なるアマチュアだけれど、その直感はこうした分野にも及んでいるという一例。ただ、無理して読む必要はないと思う。関満博の本は無理して読むべし。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

ケイクス

この連載について

初回を読む
新・山形月報!

山形浩生

経済、文学、コンピュータなどの多方面で八面六臂の活躍をする山形浩生さん。その山形さんが月に一度、読んだ本、気になる現象について読者にお届けする密度の濃いレポートです。

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード