the, a, some, any, my に共通する働きとは?

the, a/an, some, any, my, his, her……名詞の前にくるこれらの単語には共通の働きがあります。その働きとは、次にくる単語を「しぼり込む」というものです。たくさんの例をあげながら、これらの単語の働きについて学んでみましょう。

  先週まで話してきた a/an、あるいは the といった冠詞が果たす役割は、対象を「しぼり込む」という部分にその本質があります。例えば the が果たしてくれるのは、「オレもお前も知っている『あれ』」という、対象のしぼり込みです。a だってそうなんです。「どれでもいからひとつ」というしぼり込みです。このように「しぼり込み」をしてくれる単語は Determinator (限定詞)と呼ばれ、他にもいくつかあります。次に続く単語をdetermine (限定)するのが、その役割なんです。今日は、これら「しぼり込み」をしてくれる単語を解説しながら、Determinator の役割を理解していきたいと思います。

 「しぼり込み」について考えてみる前に、まず、特に何のしぼり込みもされていない文章を例に出してみましょう。例えば、“There are pens” と言ったとします。この文章、「ペンが複数ある」という以外にはなにも分からない文章です。どこにあるのかも、誰のものなのかも、どんな色なのかも分かりません。

 例えば、“These pens write well.” とか、“They are my father’s pens.” なんていうと、「これらのペン」、「お父さんのペン」というふうに、対象が一気に限定されるのです。つまり、these とか my father’s と言う言葉が、対象を一気にしぼり込んでくれているわけです。このように対象を限定するのが、Determinator の役割です。

この続きは有料会員登録をすると
読むことができます。
cakes・note会員の方はここからログイン

1週間無料のお試し購読する

cakesは定額読み放題のコンテンツ配信サイトです。簡単なお手続きで、サイト内のすべての記事を読むことができます。cakesには他にも以下のような記事があります。

人気の連載

おすすめ記事

この連載について

初回を読む
使える英語」を手にしよう!

松井博

中高大と10年も勉強するのになぜかいっこうに使えるようにならない日本人の英語。どうやって勉強すればいいの? アメリカでの子育て、保育園経営、アップル本社勤務、33歳からの妻の英語習得を通じて得た英語獲得をノウハウを惜しみなく公開します!

この連載の人気記事

関連記事

関連キーワード

コメント

y_yt 「ゴッドファーザーPart III」のマイケルのこの台詞も"Well, that's something."(http://t.co/eF8XSshpU9)も"some"の使い方としてよく覚えています> https://t.co/myXa0nwoqT via @Matsuhiro 4年以上前 replyretweetfavorite

y_yt "some"と"any"の違いって、面白い!>松井博「"Help, I need somebody Help, not just anybody Help I need someone, help!"」 https://t.co/myXa0nwoqT 4年以上前 replyretweetfavorite

ISU_instant またもや目から鱗が。 - 4年以上前 replyretweetfavorite

_DSCH 最高学府の方のセミナーを、、、こっちが面白い、MOOCsへ; 4年以上前 replyretweetfavorite